岸岳城 所在地 佐賀県相知町・北波多村
JR西相知駅北西2.2km
区分 山城
最終訪問日 2001/10/30
現地説明板 上松浦党の首領であった波多氏の居城で、別名を波多城、鬼子岳城といい、岸嶽城と書くこともある。築城時期は定かではなく、松浦党の祖で嵯峨源氏の流れを汲む源久の子持が、平安末期の久安年間(1145-51)に波多郷を与えられて詰城として築いたという伝承があるが、それ以前という説もあり、はっきりしない。ただ、城自体は少なくとも南北朝時代には存在していたと考えられている。
 狭隘な平地が多い北肥前では、関東平野の開拓領主のように広大な土地を持ち得る勢力が生まれにくかった為、影響力や発言力の増大を目指すと、必然的に血縁的な小勢力が連合する形となる。久の子孫達が扶養した勢力も、このような背景から徒党を組んで松浦党となり、やがて北肥前の一大勢力となっていったのだろう。
 平安時代末期の源平合戦当時、西国には平家支持の勢力が多かったが、松浦党も例に漏れず平家に属していた。恐らくは、平家方に付いたほうが海上の権益関係で都合が良かったのだろう。だが、平家滅亡後も、個々が小勢力だった為か、御厨検校として伊勢皇大神宮の官人という性格があった為か、鎌倉幕府は平家主力として戦った松浦党に寛大で、厳しい処分などはなかった。軍記物である平家物語では、松浦一党は壇ノ浦の合戦で源氏に付いたとしており、その功の為かもしれない。ともかく、後には御家人をも一党から輩出するほどで、元寇では郷土防衛の色彩を強く出して一族挙げて奮戦している。
 鎌倉時代以降、松浦党は血縁だけではなく地縁的な党となっていたが、南北朝時代には指導的な惣領家が存在しなかった為、足並みは乱れた。波多氏も上松浦党の中心的存在であったが、南北朝間で複雑な動きを見せた挙句、九州探題今川了俊から波多郷の地頭職に任命されて北朝に帰している。この頃、松浦党は倭寇と呼ばれる私貿易を盛んに行っていたが、九州は南朝の勢力が強く、また、この私貿易は裏で南朝勢力が操っていたとされることから、波多氏の複雑な動きはこれと関係があるのかもしれない。
 室町時代の史料に出てくる波多氏は、持からの直系の子孫という説以外に、同族の佐志氏から分かれた家という説もあり、中世の系図は不明な点が多い。動向がはっきりしてくるのは室町時代の後半からで、文明4年(1472)に泰が壱岐を支配下に置いて交易の主導権を握り、以降は上松浦党の最大勢力となった。また、同じく交易によって莫大な富を得ていた大内氏と結び、大内義興の上洛にも協力している。
 その後、天文年間(1532-55)の頃には大内義隆と結んで少弐氏や龍造寺氏の侵入を防ぎ、周辺に影響力を及ぼすなど、興の代に最盛期を示したが、跡を継いだ子の盛が嗣子無く没すると家中は乱れた。当初、鶴田直や日高資ら重臣は、盛の後継を一族から擁立しようとしたが、盛の未亡人はこれを退け、実家の姻族である有馬氏から藤童丸を迎えた上、対立した直や資を謀殺してしまった。これにより、家中に深刻な対立が生まれ、永禄7年(1564)末には日高喜が城に火を放って未亡人と藤童丸を追った。
 岸岳城を追われた藤童丸は、有馬氏や龍造寺氏の後援を得て永禄12年(1569)に城を奪回し、家督を継承して親と名乗ったが、壱岐は喜が平戸松浦氏の援助を得て死守した為に戻らず、そのまま松浦氏の領地となっている。その後、龍造寺隆信が勢力を拡大させると、親はその養女を室に迎えて婚姻したが、天正12年(1584)に隆信が沖田畷の合戦で敗死すると脱龍造寺路線を進め、島津氏が北進してくるとこれに誼を通じた。天正15年(1587)の秀吉の九州征伐では、秀吉軍に参陣しなかったものの上松浦郡を安堵され、やがて三河守にも叙任されたが、文禄の役から帰国した文禄2年(1593)に、朝鮮半島での合戦の際に戦わなかったとの理由で改易となり、常陸に追放されて城も廃城となった。
 城は典型的な中世山城で、標高320mの急峻な岸岳の山上稜線に沿って三日月型に郭が並び、稜線沿いの断崖を主な防御力としている。また、山上には巨岩も多く、これらを利用した構造や僅かながら石垣もあり、郭の区画等は大規模な土木工事が施されていない中世の山城らしいものであるが、戦国末期の構造も備えている。稜線上の郭は細く長い構造となっており、面積がそれほど大きくない3郭構成で、日常の生活空間をそこに考えるのは難しく、戦国時代も詰めの城としての運用が主だったのではないだろうか。
 現在、城への登山道も整備されているが、非常に険しく、そして草が繁茂して登りにくい。本気で熊や猿、猪などが出るかと思うほどで、城は世間から忘れられて打ち捨てられているようだ。しかし、讒言によって改易され恨みを残したと地元に伝わる親は、波多三河守、もしくは岸岳末孫のたたりとして、民話の中に生きている。