大分湯遊ランド
所在地  大分県大分市
JR敷戸駅北東130m
最終訪問日  2001/11/8
 JR敷戸駅からすぐのところにある健康ランド。1989年開業。
 大分市内には大深度地熱温泉という温泉があり、200以上の源泉があるが、ここがその源泉のひとつなのかは分からなかった。施設は一般的な健康ランドの設備を備えているが、全体的にやや小ぶりという感じ。ただ、仮眠室だけではなく、普通の宿泊用の部屋も備えていたようだ。
 訪れた時は、夕方に到着してすぐに浴室へと向かったが、恐ろしく空いており、浴室がほとんど貸切状態なのには驚いた。経営状態を心配しつつもラッキーと思ってゆったり浸かり、ご飯を食べようと宴会場へ向かうと、やたらと人がいる。ちょうど大衆演劇の公演の真っ只中というタイミングで、どうやらここは健康ランドというよりも大衆演劇をメインとしていたようだ。実際、宴会場に居たのは演劇が好きそうなじいちゃんばあちゃんばかりで、演劇が終わるとさっさと自分の部屋へと帰っていった。恐らくそういう宿泊ツアーを用意していたのだろう。そのおかげで、演劇中のテレビは独占できたし、仮眠室もガラガラで、あまり深く眠れない健康ランドの仮眠室でゆっくりと寝ることができた。
 大分湯遊ランドは、2006年3月30日をもって廃業となり、跡地には現在新しい商業施設が建っているらしい。確かに、訪れた時も全体的に設備が老朽化している感じで、清潔感は残念ながらあまりなく、近々リニューアルが必要になるだろうとは感じたが、健康ランドの形態を維持してもスーパー銭湯ブームに押されて経営が難しいのは明らかで、廃業という判断に至ったのだろう。個人的には、健康ランドでありながら自分のペースで好き放題できたので、非常に印象に残っている健康ランドである。