多満津の里
所在地  兵庫県神戸市西区
第ニ神明玉津I.C.南600m明石川沿い
最終訪問日  2007/5/12
 兵庫県を南北に走る国道175号線からすぐのところにあり、南から行けば右手に大きく見える。
 一応、分類的にはスーパー銭湯型温泉施設ということになるが、温泉は露天風呂だけで、しかも元湯ではなくグループの柚耶の里と同じ名谷玉子温泉から運んできている為、個人的にはスーパー銭湯と同じような感覚になっている。
 建物の内部は改装前の柚耶の里とほぼ同じで、ロビーに軽食があり、浴室は2階構造となっていて、浴槽の種類もほぼ同じだが、柚耶の里と比べると、こちらは全体的にちょっと小さい。また、両店舗には追加料金を払うと行けるロイヤルコーナーがあるのだが、昔は柚耶の里と違って通常料金では露天風呂に入ることができなかった為、必然的にロイヤルコーナーを選ぶことが多く、輸送された温泉ということもあって、多満津の里には割高感があった。現在は通常料金で露天風呂にも入ることができるようになっているが、サウナが追加料金となっているので、低温サウナのある柚耶の里と比べると、依然として割高感は残る。ただ、これは同じグループで比べた場合で、一般的には柚耶の里が低料金の割に設備が充実しており、多満津の里も料金から見れば標準的な設備だろう。
 1997年4月のオープン当初には、周辺にスーパー銭湯や温泉がほとんど無く、掃除の時間以外はいつでも行ける為、よく行っていたが、みき槙山温泉や龍の湯、ジェームス山温泉、下馬の湯、太平のゆと、続々と新しい施設ができ、また、今は大きくなっているものの一時は露天風呂がサウナ拡張で小さくなってしまっていた為、時間的に他が開いていないとかあまり時間が無い時以外は行かなくなってしまった。