鹿之子温泉
所在地  兵庫県神戸市北区
神戸電鉄唐櫃台駅南西100m県道15号線沿い
最終訪問日  2003/11/15
 カノコ温泉はすぐ近くに2つあり、この唐櫃にあるからとの湯と、6kmほど北にあるかのこの湯である。
 もともと、かのこの湯があり、新たにからとの湯がオープンしたということで、最初は温泉を輸送しているものと思っていた。しかし、泉質を調べてみると、からとの湯は単純弱放射能泉、かのこの湯は硫黄泉で違うらしく、よく見るとからとは鹿之子温泉、かのこは鹿の子温泉と、微妙に字も違う。もちろん経営は両方同じで、ポイントカードも共通となっている。
 2001年3月にオープンして結構経つが、訪れる時間がビジータイムなのか、時間は関係なく繁盛しているのか、行った時はいつも駐車場がほとんどいっぱいになっているほどの盛況ぶりだ。ここの特徴は露天風呂で、その広さは特筆もの。湯船はそこそこの広さなのだが、横になれる場所があったりして視界が広いので、ゆったりと過ごせる。内湯はジェット風呂やサウナ、水風呂など、基本的な施設は揃っており、これでミストサウナがあれば言うこと無しなのだが、そこまで求めるのはちょっと贅沢か。