ちくさ高原
アクセス  兵庫県千種町
国道429号線から県道72号線へ
最終訪問日  1994/2/20
 兵庫県の西の端、岡山県、鳥取県との3県の県境付近にあるスキー場。
 高速道路からのアクセスが悪く、中国道の山崎I.C.を下りてから40kmほど県道を走り続けなければならない為、遠方からのスキー客よりも地元や姫路近辺のスキー客が多い。
 ゲレンデは、広さはないものの規模としては割と大きく、最上部からコースが大きく3つに分かれており、それらを結ぶ短いゲレンデも含めて結構楽しめる。最上部からすぐのところは上級者用コースで、ナイター設備がある麓のほうは初級者用コースとなっており、誰もが満足できるレベルのコースが用意されている。ただし、ゲレンデに狭い箇所が多い為か、兵庫県下で唯一スノーボードが禁止である為、ボーダーは注意が必要。
 訪れたのは学生時代が最後で、その頃は車も持っていない為、ツアーバスで長い道のりを行ったが、なかなか変化に富んだコースが面白かったのを覚えている。最近はボードよりもファンスキーをすることが多くなったので、久しぶりに行ってみたいスキー場だ。