あわじ花さじき
所在地  兵庫県東浦町
神戸淡路鳴門道北西1km県道157号線沿い
最終訪問日  2017/3/25
菜の花の頃の花さじき 淡路では過去に花の万博が開催されたが、ここも花に関連する施設で、標高250m前後の丘陵地に、南北約500m、東西約300m、面積約15haにわたって花畑が広がっている。開園は、明石海峡大橋の開通に合わせた、開通前日の1998年4月4日。
 一面に広がる花畑は、季節によって彩りを変え、来る度に違う印象がある。周りからちょっと高い展望台に登れば、花畑の豊かな色彩と少し霞んだ大阪湾が、非常に良いコントラストとなっている景色が広がっていた。更にふと左に目をやれば、となりの牧場で牛が草を食んでおり、伸びやかな景色も相まってとても長閑な気持ちになる場所である。
 立派な道が付近を通っているような良いアクセスを持っているわけではなく、ただひたすらに巨大な花畑という場所ではあるのだが、実は実際の来場者数が当初の目標数の2倍になっているという超優良観光スポットなのは意外と知られていない。この人気により、周辺道路の整備等に予算が下り、今後はアクセスももっと良くなるだろう。個人的には、近くを通った際にはついつい立ち寄って、何故かいつもアイスクリームを食べてしまう場所となっており、密かな定番スポットとなっている。こんな人が多いのかもしれない。