あかねの湯
 
所在地  兵庫県加古川市
山陽電鉄尾上の松駅南1.1km
最終訪問日  2019/6/16
 2005年12月6日にオープンしたスーパー銭湯で、オープン1年後には大汗房という岩盤浴の施設も増築された。
 新しいスーパー銭湯ができたという噂をチラホラ聞いていたが、行くきっかけは、2kmほど北東にあったやまとの湯が閉店したことから。笑い話だが、やまとの湯に入ろうと深夜に訪れて閉店を知るという愕然とする事件があり、これをきっかけにあかねの湯の場所と営業時間を現地で確認して、改めて後日に訪れた。ちなみに、やまとの湯の経営母体である大和システムが民事再生法申請ということになっているので、スーパー銭湯業界もなかなか競争が激しい。
 内部の施設は、明石海峡大橋のすぐ近くにある太平のゆと驚くほど似ていて、1階に軽食などの付随施設と岩盤浴、2階に通常の浴室があり、浴室の設備も人工温泉と壷湯、寝湯、通常のサウナと漢方サウナの2種類のサウナといったものが同じだった。ネットで調べてみると、同じ設計会社のサイトで紹介されていたので、設計や企画が同じ会社と思われ、施設が似てくるのも当然と言えば当然か。
 個人的には、あかねの湯ではぬるま湯の浴槽があることと露天風呂にテレビがあること、寝湯の深さがちょうど良いことなどが太平のゆより良く、人工温泉は太平のゆのほうが良い感じだ。休日は太平のゆの周辺が非常に混むということもあり、平日に行くなら太平のゆ、休日ならこのあかねの湯というように、自然と自分の中で住み分けがされている。