乗鞍スカイライン
区間  岐阜県丹生川村〜乗鞍岳
最終訪問日  2000/9/9
 岐阜、長野県境にある乗鞍岳の岐阜側からの入口にある全長14.4kmの有料道路で、乗鞍畳平付近は2702mの日本一の高度がある。
 乗鞍岳は3000m超のコニーデ型火山で、裾野が広く、長野側には乗鞍高原というリゾート地があり、道路も整備されていることから、最も登り易い3000m級の山といわれる。主峰の剣ヶ峰は3026mあり、これを筆頭として23もの峰を抱え、権現池や五ノ池、鶴ヶ池などの池も多く、自然や景観を楽しめる登山ができるのも魅力。
 乗鞍岳へと向かうスカイラインはコーナーが多く、アップダウンも厳しい為、攻めがいのある道だが、観光客を乗せたバスに引っかかると、勾配がきつい為に徐行並のスピードになってしまう。また空気が薄いため、エンジンの挙動がおかしくなることがあり、排気量の小さいバイクはアイドリングでもエンストしてしまう。
 近年、観光客の増加によって環境破壊の懸念が高まっており、スカイラインの償還が終わって無料となった2003年から、通行料にかわって環境保全の税金が徴収され、一般車は通行不可になっている。