大野城跡
所在地  福岡県宇美町
JR大野城駅北東5km
最終訪問日  2001/10/30
市民が憩う大野城跡 天智天皇2年(663)の白村江の戦いで敗れた日本軍は、大陸からの侵攻に備えるべく、大宰府を中心にした防衛施設網を構築した。その防衛網の一つとして、同じく白村江の戦いで敗れて日本に亡命し、百済では達率という位にあった憶礼福留や達率四比福夫の指導によって、同4年(665)に造られたのが大野城である。一般にはオオノジョウやオオノノキと呼ばれるが、当時は単に大城と書いてオオキとも呼んだらしい。
 城は大城山、四王寺を中心とする山塊全体を城郭化した朝鮮式山城で、稜線沿いの尾根筋には主に土塁、谷筋には主に石塁を築いてぐるりと輪にし、城内と城外を区画している。この土塁や石垣の輪の南北は二重化され、総延長は8km以上にも及び、構築から1300年以上経った現在でも一部の土塁や石塁は明確に残っている。
 現在は史跡公園になっており、公園内には70棟以上も確認された建物や門の礎石があり、当時の海外との交流や緊迫した情勢を感じることができる。また、道路などが整備されていることもあってか、中高年が登山しやすかったり、子供の遊び場にもなっているようで、訪れた日も遠足で来たと思われる子供がワンサカおり、日帰り登山で来ていた中高年の方との雑談では、各地の山々の話や泊まれる健康ランドの情報などを入手できた。