日本ライン
所在地  木曽川
愛知・岐阜県境付近
最終訪問日  2000/9/8
 長野県から伊勢湾へと注ぐ木曽川の中でも、愛知県の犬山市から岐阜県の美濃太田にかけての約13kmは、その景観の美しさから日本八景河川の部で1位に選ばれている。また、その景観がドイツのライン川に似ていることから、これにあやかって日本ラインと呼ばれる。
 有名な日本ライン下りと呼ばれる川下り船は、大正13年に始まったとされ、乗船場は名鉄広見線の日本ライン今渡駅近くにあり、船頭の見事な櫂さばきと、激流を下りながら四季折々の渓谷美を堪能できる。
 訪れた時は川下りする気満々だったが、船の時間や宿泊地の関係で諦めざるを得なかった。一時、廃止になるという話があり、結局乗れないままかと残念に思ったが、なんとか運営会社を変えて存続ということになったらしい。近くに自衛隊の基地があり、F-4ファントムが飛び交っていて、ちょっとうるさかった印象が妙に残っている。

日本ライン下りマップ