精進湖
所在地  山梨県富士河口湖町西部
最終訪問日  2012/10/13
精進湖から富士山 富士箱根伊豆国立公園にある堰止湖で、富士五湖のひとつ。国土地理院と山梨県のデータによれば、周囲6.8km、面積0.51km2、水深15.2mで、富士五湖の中では最も小さい湖である。また、水面標高は本栖湖や西湖と同じ900mだが、これは3つの湖の成り立ちに関係しており、地下水系で繋がっている為という。
 富士五湖の成り立ちは、古富士火山の爆発的噴火による陥没から始まる。この陥没地に水が流れ込んで宇津湖、古明見湖、古せの湖(ウミ)を形成し、やがて火山活動によって古せの湖からさらに古河口湖が分断され、1万5千年前頃には4つの湖があった。その後、新富士火山の活動期に入ると、膨大な噴出物によって宇津湖、古明見湖、古河口湖が埋まり、古せの湖もかなり小さくなったという。そして、約4千5百年前の噴火で古せの湖が分断されて本栖湖とせの湖となり、さらに貞観6年(864)の大噴火による溶岩流によってせの湖の大半が埋まったが、その時に残った西北端の部分が精進湖である。ちなみに、精進湖の名の由来は、富士山に参詣する人々がこの湖で精進潔斎したことによるという。
 精進湖は富士五湖の中で最も小さいが、北側湖岸からの富士の眺めは、青木ヶ原の樹海を手前に敷いた構図となり、最も自然が美しい姿といわれる。実際に湖岸を走ってみると、溶岩流がそのまま固まった岩が湖に乗りかかっているようで、まるで溶岩流の荒々しさがそのまま現在まで保存されているようだ。湖岸の長さが短いのであっという間に走れてしまうのだが、木陰の中を抜けた後に現れる岩塊は、なかなか迫力があって良かった。