湖北ビューライン
区間  山梨県富士河口湖町河口〜精進間
最終訪問日  2012/10/13
道沿いからの富士山の景色 富士五湖のうち、西湖と河口湖の北側湖岸を走る道で、正式名称は山梨県道21号河口湖精進線という。始点は河口湖大橋近くの富士河口湖町河口の国道137号線との交差点で、河口湖、西湖の北岸を経て、同じく富士河口湖町青木ヶ原の国道139号線との交差点である終点まで16.7kmを結ぶ。昭和62年に命名された。
 僅か16.7kmの道であるが、河口湖周辺と西湖周辺では景色が全く違う。始点の河口湖東側周辺は美術館などが多く点在している為、穏やかな高原避暑地という雰囲気が漂っているが、河口湖の西側では自然の中を通る道という感じになり、西湖周辺では奥深い自然の情景が広がっている。車線は、所々1.5車線になるが、ほとんどが2車線で、湖岸に沿ったRのきついコーナーでも安心して走ることが可能だ。
 走りながら湖を見れば、湖を前面にして背景に富士山が見え、思わず写真に収めたいと思うような場所が幾つも出てくる。特に西湖は、湖岸沿いに蛇行する道となっているので、富士山が見えたり見えなかったという感じになり、コーナーを立ち上がってくると富士山が姿を見せるという、カーテンを開けて景色を見るような、目の前がパッと明るくなるような、何とも言えぬ淡い爽快感が何度も味わえた。