奇絶峡
所在地  和歌山県田辺市
田辺市役所北東7km県道29号線沿い
最終訪問日  2003/4/27
 東の高尾山、西の三星山、竜神山に挟まれた右会津川の奇岩と巨石が続く渓谷。
 春は桜、秋は紅葉の名所らしいが、せり出した岩の間を高低にかなりの勾配を持った川が流れ落ちていくダイナミックな風景は、ただの渓谷にはない独特の趣があり、訪れた日のような、桜や紅葉の時期以外の普通の季節でも、十分に景色が楽しめる。
 県道29号線沿いには数ヶ所の駐車スペースがあり、周辺を探索するにも便利だが、桜や紅葉の時期、夏の水遊びの季節にはかなり混雑するのだろう。
 訪れた時は、休憩がてら立ち寄ったので、不動の滝や、その奥の磨崖仏の存在を知らず、行くことができなかったのは残念だった。また、機会があればゆっくりと散策したい場所だ。