魚津城 所在地 富山県魚津市
富山地方鉄道電鉄魚津駅南西360m
区分 平城
最終訪問日 2017/5/20
魚津小学校内の魚津城址碑 築城は、建武2年(1335)に椎名孫八入道が築城したという説もあるが、魚津市では15世紀に同じく椎名氏によって築かれたとしている。松倉城から角川をまっすぐ下ったところにあるという立地場所でも解るように、もともとは松倉城の支城として築城された。
 椎名氏は、南北朝時代には松倉城を本拠地としたようだが、その入城時期は不鮮明で、南北朝合一後は越中の守護であった畠山氏に属して支配が安定したと思われる。一方、本城たる松倉城は、南北朝時代には度々南朝方の主城としても使われており、実際の城の支配がどうだったかは掴み難い。魚津城の築城時期としては、椎名氏が越中入部期の領地である松倉郷から海沿いにまで勢力を拡げたという背景が必要で、畠山氏の重臣として安定した時期、つまりは魚津市の説の通り15世紀と見るのが良さそうだ。
 その後の椎名氏は、新川郡の守護代を任されていたものの、戦国期には同じく越中守護代であった神保氏と共に畠山氏からの独立を志し、畠山氏の依頼で越中に出陣してきた長尾為景に敗れ、臣従した。その後、為景没後の混乱で後ろ盾となっていた長尾氏が衰えると、これを機と見た神保氏と度々争って次第に利を失い、新川郡を蚕食されてしまう。椎名家の当主康胤は、長尾氏と共にこれに抗し、永禄3年(1560)に松倉城へ攻め寄せた神保長職に対しては、為景の子景虎を頼って撃退に成功しているが、永禄11年(1568)には、今度は康胤が武田信玄の調略に乗って一向一揆に味方し、景虎から名を改めた上杉謙信に叛旗を翻した。この為、謙信が自ら越中に出陣して攻撃し、その後は幾度か魚津城の攻略と奪回があったようだ。しかし、最終的には謙信が越中東部を掌握して椎名氏は没落し、魚津城に河田長親を入れ、後に長親は松倉城に転じた。
魚津城説明板 その後、上杉家では詰となる松倉城よりも物流の拠点と成り得る魚津城のほうを重視したようで、織田家が越中に迫った天正9年(1581)頃には、重臣斉藤朝信を入れて守らせているほか、翌年には、包囲されていた魚津城の救援に当主景勝自ら向かったことが見える。しかし、この時は関東と信濃の織田軍が本国越後を衝く気配があり、景勝は後詰決戦を諦めて止む無く撤退せざるを得なかった。その1週間後、約3ヶ月の籠城に耐えながらも、後詰を失い、もはや落城必至と見た中条景康、吉江景資、竹俣慶綱、蓼沼泰重らの城将は、覚悟を決め、一斉に自刃して6月3日に落城するのである。本能寺の変の翌日のことであった。
 ただ、一説には、この落城は織田軍の騙まし討ちであったともいう。魚津城と同時に攻撃されていた松倉城は、開城によって須田満親が越後へ無事に撤退しているが、魚津城でも同様の交渉があり、次郎右衛門なる織田方の武将が開城を保証する人質として入城したと佐々成政が記している。しかし、信長から総攻めの命が届いたことで次郎右衛門は切腹し、前述の攻撃と落城に繋がったという。
 魚津城落城後、城をようやく攻略した織田家の北陸方面軍であったが、落城翌日には信長横死の報が伝わり、総大将であった柴田勝家は魚津城を放棄して各部隊に撤退を命じている。すると、息を吹き返した上杉軍が再び魚津城を奪い返し、さらに越中を所領としていた佐々成政とも戦った。だが、成政は状況の混乱の中、ここで踏ん張り、翌年には魚津城を包囲して城将須田満親を降伏開城させ、再奪取に成功している。その後、天正13年(1585)に秀吉が越中平定を企図して大軍で押し寄せると成政は降伏し、成政に残されていた新川郡も天正15年(1587)には前田家に与えられ、魚津城も前田家が支配することになった。
 前田氏時代は、城代として青山吉次が置かれ、元和元年(1615)の一国一城令で廃城となった後も青山家が代々周辺を治めている。また、慶長14年(1609)に前田利長の隠居城となっていた富山城が火災で焼失した際には、魚津城が一時的な避難場所になった。
大町小学校校門のところにある案内板 城は、江戸時代の絵図に方形の主郭と二重の水堀が描かれており、南北の鴨川と角川を天然の防御線とするシンプルな城だったようだ。ただ、城下町が整備される前の戦国時代は、沼に囲まれた要害だったという。
 城は、現在の市街地の海側にあったが、遺構は市街化で失われ、その存在を示すものは大町小学校内の城址碑のみとなっている。城域としては、その大町小学校と隣接する簡易裁判所がそれにあたるが、現地では城下町の町割りがなんとなく窺える以外、城跡というのを実感するのは難しい。