北山城 所在地 富山県魚津市
北陸道有磯海下りS.A.南東3.2km
区分 山城
最終訪問日 2017/5/21
北山城縄張図 南北朝時代から東越中の主たる拠点であった松倉城の支城。
 松倉城は、前述のように南北朝時代から戦国時代までの長期間に渡って東越中の拠点として使われた為、随時、拡張と支城網の整備が行われたと見られ、多くの支城を持っている。そのひとつがこの北山城であり、金谷山城ともいう。文字通り、松倉城の北側の山に位置する城である。
 北山城は、史料上に殆ど登場せず、戦国時代の永禄11年(1568)に、上杉謙信によって松倉城が包囲された際に落城したことが見える程度で、築城時期を始め、城主名、廃城時期も不明という。ただ、松倉城は、領地支配が安定した前田氏時代には魚津城に主役を譲り渡して重要視されておらず、必然的に城下町の縮小も起こったはずで、城の持つ北の守りの役目の意味がほぼ無くなったと考えられる為、廃城時期はその頃が有力ではないだろうか。
整備されている城郭北側 築城時期については、同じく支城である水尾城が貞和2年(1346)に陥落した文書が残っており、南北朝時代から松倉城の支城網の整備は進められていたのは間違いない。ただ、その最初は角川と早月川に挟まれた丘陵部の区画であったと思われ、松倉城城下町が北山や坪野方向に発展するに従って、その守備の必要性から北山城が整備されたのではないだろうか。そう考えると、その時期は南北朝時代を過ぎて政情がある程度安定した室町時代中期以降から、戦乱による防衛の必要性が生じた戦国時代初期あたりだろうか。
 城は、松倉城から川筋を挟んだ北側の山に構えられており、頂上部を逆L字型に削平して城域を確保している。逆L字型の一方の先端である北西突端部はその手前に比べてやや高くなっており、物見台があったのだろう。同じく城郭内の高さを見ると、逆L字型の鈎部がやや高くなっており、竪堀なども厳重に張り巡らされている為、ここが城の中心だったと思われる。ただ、北西側は綺麗に整備されているものの、L字型の鈎部は藪化しており、遺構ははっきりと確認できなかった。
北側の郭から藪化した本丸の段の様子 城へは、松倉城へ向かう県道33号線に案内表示が出ており、道程は非常に分かり易い。また、北山鉱泉の小さな温泉街のすぐ上であり、北山鉱泉に向かえば自然と城の場所も判るだろう。城へは、非常に急で狭くもあるが、主郭部のすぐ直下まで舗装道が繋がっており、小さいながら駐車場も用意されているので、訪れるのは非常に楽だった。城跡の北端の物見台後らしき場所からは、魚津市街から日本海までの眺望が開けており、城に興味が無い人でも楽しめる城である。