鳥取市歴史博物館やまびこ館
鳥取市歴史博物館やまびこ館
所在地  鳥取県鳥取市
鳥取市役所東700m樗谿公園向かい
最終訪問日  2011/5/22
 鳥取市やその周辺の歴史に関する博物館。開館は2000年7月1日。
 鳥取に来るまでその存在を知らなかったのだが、訪れる前日に、翌日の午前中の雨の予報を聞いてどうするかと思っていたところ、宿で「庭先にひろがる中世」という興味ど真ん中の企画展を知り、これは行っておくべきだと即決した。
 博物館という名前から、なんとなくイメージ的に鳥取城周辺にあるかと思っていたのだが、地図を見ると、所在地は鳥取城から見て南東側の山向こうにあたる。閑静な住宅街の奥にある博物館の周辺は、すぐ前が樗谿公園というのもあってか、鳥取城周辺のいかにも中心部といった喧騒とは打って変わり、落ち着き過ぎるぐらいに落ち着いた雰囲気だった。
 博物館内部は、常設展の1階と企画展の地下に分かれ、常設展部分は古代から近現代までの鳥取の様子をビジュアル的に分かり易く展示してあり、どちらかと言えばあまり歴史に詳しくない一般の人向けという感じだ。だが、その分、仕掛け的に工夫が凝らされており、見学していてなかなか面白い。
 地下の企画展部分はシンプルな構造で、訪れた時は企画テーマに沿って、中世の土地の領有や租税権を記した文書、また、それに伴う訴訟や手紙などがひたすら陳列されていたが、それぞれに非常に噛み砕いた現代語訳や該当箇所の地図が付けられており、とても解り易かった。施設全体の方針として、できる限り解り易く展示するという方針のようなものがあるのだろうか。いずれにしても、知識の多少に関わらず、見学者に非常に親切な博物館という印象だった。