草幾山城 所在地 鳥取県関金町
区分
最終訪問日 2001/10/26
 清水川と小鴨川の合流点に突き出した峰の、30m程の突端部にあったと思われる城。
 史料によれば、関金町の他の城と同様に大永4年(1524)の大永の五月崩れによって尼子晴久の攻撃を受け、落城したと伝わっているが、尼子氏の伯耆進出は山名氏の内訌に介入する形で徐々に進んだと見られ、五月崩れの存在自体が不明確になっていることから、この伝承は正確とは言いがたい。ただし、年代などが正確ではないだけで、戦いの有無はともかく、伯耆に対する尼子氏の支配強化の過程で尼子氏の手に落ちたのは間違いないかと思われる。また、南東にある要害山にも要害山城があったとされることから、この2つの城は何らかの連携があったと思われる。
 城跡付近は、北側は崖、南側は畑となって現在は長閑な情景が広がっている。訪れた時は、表示や案内板などが見つからなかった為、周辺をしばらくウロウロしてみたが、具体的にどこにあったかは分からなかった。