井の頭池
所在地  東京都三鷹市
京王井の頭公園駅西すぐ井の頭恩賜公園内
最終訪問日  2012/10/13
 武蔵野台地にある湧水池で、善福寺池、三宝寺池と並んで武蔵野三大湧水池にも数えられている。周囲約1.5km、面積約42000m2、平均水深約1.6m。
 東西にYの字の形をした三叉の池で、かつては七つの湧水口があったことから七井の池と呼ばれていたという。天正18年(1590)に江戸へ入部した徳川家康は、海際で真水の飲料水が不足するという問題の対策として、この井の頭池から流れ出る神田川を改修して神田上水を整備したことにより、池は江戸城下町の水瓶のひとつとなった。
 家康の孫の3代将軍家光は、この池を愛し、周辺の御鷹場で鷹狩りをした際の宿泊所として池のすぐ横の御殿山に別邸を構えたが、それは池の風景を楽しむ為であったという。また、井の頭の名も家光が付けたとされ、池の名を七井と地元の人間から聞いた家光は名無いと勘違いした為、新たに命名したという面白い逸話が残っている。この名の由来には諸説あるが、その中でも、上水という意味の井、そしてその源という意味の頭で、井の頭とする説が最も合理的に感じるが、実際にはどういう思いで家光は名付けたのだろうか。
 池の周辺は、江戸時代は幕府が、明治になってからは東京府が管理し、後に皇室御料地となっていたが、大正2年に東京市に下賜され、同6年5月1日に井の頭恩賜公園として開園した。以降は市民のレジャーの場となり、池にも水泳場やボート乗り場が造られ、現在でもボート乗り場は健在である。だが、都市化による地下水汲み上げの影響か、昭和30年代頃から池の水源となる湧水は枯れてしまった。この為、現在の水の供給は残念ながらポンプによる地下水汲み上げとなっている。
 訪れた時が夜だった為、水面は暗く、池の全体像は掴みにくかったが、それでも七井橋周辺では水面に映る街灯がなんだか幻想的で、良い雰囲気だった。一方で、そこからやや離れた神田川の流れ出しに近い部分では、街灯も少なく、こちらは一転して闇が支配する部分もある。暗い場所では夜の水辺独特の引きずり込まれそうな感じもあって都市部の公園とは思えないほどだが、対岸に目を向けると帰宅路になっていたりジョギングやウォーキングをしている人がいたりと人の通りが多く、おなじ池の淵なのにガラッと性格が変わるのはなんだか面白かった。こういうのも都市部の公園の特徴なのかもしれない。