徳島城博物館
所在地  徳島県徳島市
徳島市役所北370m徳島中央公園内
最終訪問日  2004/2/25
 徳島城は、江戸時代に阿波と淡路2ヶ国を領した徳島藩蜂須賀家の居城であったが、その徳島城跡にあって、本丸御殿を模した書院造りの建物が徳島城博物館である。開館は1992年10月。
 徳島藩は、海賊衆という今でいう海軍を持っていた大名だったが、重要文化財に指定されている展示物の千山丸は、もともと大名御召鯨船として建造され、後に民間に払い下げられて使われつつも、辛うじて残されていたもので、現存する最古の和船という非常に貴重なものである。その他、主に近世江戸時代の藩の様子や、庶民の暮らしについての展示、その当時の催し物を再興したイベントなどがあり、企画展も随時行っているらしい。
 また、館内からは旧徳島城表御殿庭園を眺めることができ、館内の雰囲気は近代風でありながら、江戸時代の趣をも味わえる静かな博物館となっている。