真崎
所在地  静岡県清水市
三保半島突端
最終訪問日  2016/5/22
清水真崎灯台と霞む富士山 三保の松原がある三保半島の北端。
 三保半島は、かつては別流だった安部川と藁科川が海に運んだ土砂と、有度山を中心とする日本平の南麓から波によって削られた土砂が、海流によって東へ流され、堆積した砂嘴である。三保半島の砂嘴は、先が3つに分かれていることから正確には分岐砂嘴といい、その砂礫による痩せた土壌と強い風浪に耐え得る松が半島に茂り、三保の松原という名勝となった。また、その松と半島によって風浪から守られる内湾は港となり、今でも清水港として活用されている。
 真崎は、そんな三保半島の北端で、三保内浜海水浴場と真崎海水浴場の境となる砂浜であり、他の一般的な岬とはやや趣が違って岬という雰囲気が少ない。穏やかな内湾が控えていることや、眼前に清水の工場地帯や市街地が見える為もあるのだろうか。逆に言えば、周囲から隔絶するような突端の岬に比べ、人の生活に近い岬と言えるのかもしれない。
 真崎にある灯台は、清水真崎灯台と名前が付いているが、灯台としては防波堤灯台と同じ程度の小規模なもので、かわいい灯台である。小さいが故に説明板等も無く、何気なく砂浜に置かれただけのような素朴さがあった。銘板によると、昭和11年5月に初点灯し、平成6年3月に改築されたようで、位置を地図から拾うと、東経138度31分、北緯35度1分である。
 訪れたのは早朝の時間帯で、周囲には10人ほどの釣り人がいたほか、犬の散歩をしている人もおり、ゆったりとした時間が流れる郊外的な雰囲気の岬である。ただ、海水浴場の一角ということもあり、夏場の休日にはかなりの人で岬も賑わうのだろう。遠くの富士山や、近くの清水の街、そしてかわいい灯台と、景観的にも取り合わせが面白い岬だった。