鳶ヶ巣城 所在地 島根県出雲市
一畑電鉄川跡駅北1.5km
区分 山城
最終訪問日 2001/10/27
鳶ヶ巣城の遠景 頂上に削平地が見える 鳶ヶ巣城を居城とした出雲の豪族宍道氏は、宇多源氏佐々木氏である京極氏の庶流である。バサラ大名佐々木道誉として有名な京極高氏の孫にあたる秀益がこの城の周辺を領し、金山要害城を築いて居城としたのが最初といい、その子孫である久慶が、永正7年(1510)頃にこの鳶ヶ巣城を築いて本拠を移したといわれている。ちなみに、秀益の兄が尼子氏の祖となる高久である。
 天文11年(1542)から翌年にかけて大内義隆が尼子氏の月山富田城を攻撃した時、当主であった隆慶も大内氏に味方したが、この戦いは得るところなく大内氏が敗れ、宍道氏も居城を追われた。その後、義隆が家臣の陶晴賢に討たれ、さらに晴賢を毛利元就が討つと、隆慶は元就に服属し、永禄4年(1561)の元就による月山富田城攻略にも参陣している。鳶ヶ巣城はこの攻城戦の前線基地として翌年に奪回、改修され、尼子氏滅亡後は宍道氏が入城して旧領を回復した。しかし、慶長5年(1600)の関ヶ原の合戦後には毛利氏が減封されて防長に移り、宍道氏もそれに従った為、主を失った城は廃城となった。
 城は、北山山地の中ほど、標高285mの鳶ヶ巣山にあり、眼下に斐伊川を廻らし、斐伊川、宍道湖の水運、出雲大社への参道を押さえる重要な地点にあった。現在は10ヶ所の郭と5ヶ所の土塁が確認され、登山道が整備されているらしいが、麓から全て徒歩で登らなければならなかったので、時間の関係上散策できなかった。しかし、麓からは頂上にある主郭の平坦地が確認できる。