七尾城 所在地 島根県益田市
JR益田駅東3km
区分 山城
最終訪問日 2001/10/27
細長い形をした本丸跡 石見の有力国人益田氏の居城で、益田城とも益田七尾城とも呼ばれる。
 益田氏は、石見国司だった藤原定通(国兼)が任期終了後に土着したのが最初で、上府の御神本に居住し、御神本国兼と称した。その曾孫兼高は、源平合戦の功で石見の押領使に任じられ、建久3年(1192)かその前後に益田の七尾山に築城して本拠を上府から移したという。また、この時に御神本から益田へと名乗りを変えたとされる。
 石見国内の豪族である三隅氏、周布氏等は同族であり、強大な武士団を形成していたことが支族の広がりから知れるが、鎌倉中後期ごろから統制が乱れ、やがて南北朝時代に入るとそれぞれの思惑から南北に分かれて互いに攻伐し合うようになってしまう。益田氏は一貫して北朝方として活躍し、大内氏が南朝から北朝に転じるとこれを盟主として活躍したが、戦国時代に入っても同族間の争いは収まらず、大内氏の仲裁も効果があまりなかったほどであった。
 天文20年(1551)の陶隆房(晴賢)の叛乱後は、陶氏と古くから姻戚関係があった為、当主藤兼は晴賢に協力して三隅氏を支配することに成功したが、同24年(1555)の厳島の合戦で晴賢を破った毛利元就が勢力を伸ばしてくると、石見に地盤を持つ吉川氏を仲介役として毛利氏に臣従している。慶長5年(1600)の関ヶ原の合戦後は、防長二州に押し込まれた毛利氏に従って長門国須佐に移り、当主元祥は逼迫した藩財政の立て直しに手腕を振るったといい、この家系は家老として1万2千石を領した。幕末の長州藩に登場する、禁門の政変などの責を負って腹を切った家老の益田氏が、この子孫であることは言うまでもない。
 城は、元祥が須佐に移った時に廃城となったが、割合良好な状態で遺構が残っており、山城として理想的な構造が窺える。現在の登山道は西にあるが、当時の大手は益田川に向かって北に向いており、北と東を益田川、西を堀で防御していた。川に向かって突き出した2本の尾根に多くの郭を築いて、まさに鶴翼の形を成し、その尾根の間にある谷の奥まった中腹に厩ノ段があり、そこから北側のやや高い位置に二ノ段、更にやや高い東側に本丸がある。二ノ段、本丸とも細長いとは言え規模はなかなか大きく、巨大な堀切を介して南にあった本丸背後の防御施設群を含めると全長600m以上にもなり、当時の益田氏の勢力の大きさを象徴する規模だ。発掘調査では、礎石から主要な郭に櫓門や居住の為の建物が建っていたことが分かっており、石垣はないものの、近世的な山城へ変わる過渡期の城とも言え、元寇や毛利氏の勢力拡大という切迫した状況での大規模な改修を経て巨大化し、桃山時代に徐々に近世の形式を備えていったのだろう。
 現在は七尾公園として、史跡をそのまま残した形で整備されており、木立の中を散策すると心地よい。遊歩道の坂の勾配はきついものの、城内は比較的平坦で、しかも郭の区切りなどは明確に判り、遺構を探してあちこち歩くのには最適な城だ。城内の案内板も整備されているので、縄張図と合わせながら確認していくのが非常に楽しい。
益田城鳥瞰図