向横田城 所在地 島根県益田市
区分
最終訪問日 2001/10/27
 源平の争いが終結した年である文治元年(1185)に石川頼恒が築城したという。その後、城主は領家氏に代わり、戦国時代には城市正雄が城主であったというが、詳しいことはわからない。
 周辺現地を探索したが、城に関する表記を見つけられなかった。現地の地形から、高津川沿いに延びた山並の先端にあると思われる。高津川と後溢川を東西の堀とし、山並みと両川の間にある平地を城下としたものか。名前からすると、川向かいの横田の集落に横田城というのがあって、それの向かい城という可能性もある。