安土城考古博物館
所在地  滋賀県安土町
JR安土駅北東1.5km
最終訪問日  1996/10/13
 信長が築城した幻の安土城の東南に位置し、近江風土記の丘や文芸の郷と名付けられている、公共文化施設が集まった一帯に建っている。開館は平成4年11月1日。
 安土城と冠されているように、戦国武将織田信長やすぐ近くの安土城、この博物館を挟んで安土城の対角にある観音寺城といった中世から近世にかけての城郭についての展示がテーマのひとつだが、湖南遺跡を始めとする湖岸沿いに多くある縄文時代から弥生時代の遺跡や、琵琶湖に関する展示もある。
 博物館内は広く、展示量もなかなか充実していて、じっくり鑑賞するだけの価値はある。周辺は、前述したように近江風土記の丘や文芸の郷など、一帯が考古的、文化的な空間になっていて、安土駅前で借りることができるレンタサイクルを利用すれば、安土城や観音寺城を含め、これらの施設を一日かけて健康的に回ることができる。