佐賀城 所在地 佐賀県佐賀市
佐賀県庁東南700m
区分 平城
最終訪問日 2014/10/19
主要な城郭設備で唯一残る鯱の門 戦国期に五州二島の太守と呼ばれた龍造寺家の本拠村中城を前身とし、後の佐賀藩鍋島家の居城となった城で、佐嘉城とも書いた。
 龍造寺氏は、文治2年(1186)に祖季家が佐嘉郡龍造寺村の地頭となって地名を称したのが始まりとされるが、その系図には諸説あり、藤原秀郷流とも肥前高木氏流とも藤原兼隆の裔ともいう。多くに共通する、藤原の姓と季家が龍造寺を名乗ったところは信用できると思われるが、土着の開発領主が系図を創作した可能性もある。また、本拠となる村中城も、この季家か父季喜の頃に築かれたという。
 この後、龍造寺氏は南北朝時代に地頭職を失ったことはあったが、龍造寺村の領主として綿々と続き、やがて小城を本拠とした千葉氏に属し、その衰退後は、鎌倉時代に九州に下って北九州に勢力を持っていた少弐氏の家臣となって、大内氏に圧迫される少弐軍の主力として活躍した。その中心は分家である水ヶ江家の当主家兼で、兄の系で当主交代が頻繁だった村中城の宗家を支え、当主胤久や胤栄を補佐していたが、実質的な権力は家兼が握っていた為、胤栄が出奔するなどしており、決して一族が一枚岩ではなかったようだ。そんな中、天文4年(1536.1)に少弐資元が大内氏に敗れて自刃した後、家督を継いで勢福寺城に復帰した資元の子冬尚は、資元自刃の因は家兼にあるとして家臣馬場頼周や神代勝利と謀り、天文14年(1545)正月に龍造寺一族6名を討って家兼を柳川へ追放した。この追放には、家兼の大内氏への内通の疑いもあったという。この追放の年かその翌年、家兼は90歳を超える高齢の身に鞭打って奔走し、柳川城主蒲池鑑盛の支援もあって早くも佐嘉に復帰したが、周辺の情勢が不安定なまま直後に死去した為、家督は遺言に従って僧籍にあった胤信が還俗して水ヶ江家の家督を継いだ。そしてその2年後には、家兼と協力して村中城に復帰していた宗家の胤栄も病没し、胤信が本家をも相続した。
 胤信は、大内義隆の偏諱を受けて隆信と名乗り、大内方として冬尚と敵対したが、天文20年(1551)には義隆の死によって家臣土橋栄益が叛き、一時は村中城を追われ、曾祖父と同様蒲池鎮盛を頼っている。この時、冬尚は龍造寺鑑兼を当主に据えたが、隆信は鎮盛の後援を受け、翌々年に村中城の奪回に成功した。そして、永禄2年(1559)には勢福寺城を陥落させ、宿敵少弐氏を滅ぼす事に成功している。
江戸時代初期の色が濃い天守台付近の桝形石垣 だが、少弐氏の没落によって今度は大友宗麟が肥前に進出するようになり、一旦は毛利氏の筑前出兵によって撤退したものの、元亀元年(1570)には6万の軍勢で村中城は再び包囲されてしまう。龍造寺軍の奮戦と籠城によって戦況は膠着したが、高良山に在った宗麟はこれに業を煮やし、一族の親貞を総大将として今山に布陣させ、総攻撃を8月20日と定めた。一説では、既に19日には攻撃態勢は整っていたが、吉凶による判断で20日に定めたという。同じ頃、龍造寺家の重臣で隆信の義弟でもある鍋島直茂は、総攻撃が近いことを察知していた。これを奇襲の機と見た直茂は、手勢8百を率いて19日に出陣、20日未明に親貞の本陣に突撃を敢行した為、前祝の酒宴によって警戒していなかった大友軍は大混乱に陥り、親貞は成松信勝に討たれ、戸次鑑連らは態勢を立て直すものの、総大将討死の報を聞いて一部の兵を残し撤退している。
 ただ、この今山合戦の勝利は局地的勝利に過ぎず、結局、隆信は後に大友氏に臣従した。とは言え、この勝利は、隆信には自信を、大友氏には難物との印象を与えたようで、その影響力は限られたものだったようだ。これが、後に大友氏に取って代わるように肥前から筑後、筑前、豊前、肥後へ勢力を伸張させる素地となった。しかし、九州三強の一角となったのも束の間、天正12年(1584)の島原沖田畷の合戦で、龍造寺軍3万が島津・有馬連合軍の寡兵6千に敗れ、隆信も討死してしまうと、城も包囲されて龍造寺氏は島津氏に降ることとなる。そんな状況の中、隆信の嫡子政家は病弱であった為、一門や家臣の要請もあって直茂が次第に実権を握るようになっていく。
 天正15年(1587)の九州征伐後、龍造寺家内部の権力構造を見た秀吉は、一旦政家に旧領を安堵し、3年後に隠居を命じて軍役を免除すると共に朝鮮の役では直茂に龍造寺家臣団を率いさせた。その後も佐嘉城には政家やその子高房が在り続けたが、直茂が慶長5年(1600)の関ヶ原の合戦でも龍造寺家を主導し、最初西軍、後に東軍に転じて柳川の立花宗茂を攻撃することで所領を保っている。そして、政家・高房父子が相次いで死去すると、龍造寺四家の協力もあって子勝茂が藩主の地位を幕府に認められ、名実共に佐賀鍋島藩が誕生した。3代将軍家光治世の時、高房の遺児伯庵が正統性を主張したが、幕府が取り合わなかったのは、鍋島氏の専制ではなく、龍造寺一門との連合政権的性格の藩というのを知っていたからだろう。
佐賀城縄張図 時は流れて幕末の頃、藩主斉正は西洋の産業革命をモデルとして佐賀藩を改造し、強制的に藩士を藩校に入れて修了しない者は家禄の5分の4を削るという苛烈な政策を敷いた。これにより、外国人の手を借りずに反射炉などを築造できる全国一の技術を持つ雄藩となり、維新後も新政府の諸制度を推進した多くの実務家を輩出するこことなる。だが、元藩士の大隈重信が、この強迫的制度に対する反感から早稲田大学の前身である東京専門学校を開いたのは自ら著しているほど有名な話で、当の藩士には相当過酷だったようだ。
 龍造寺時代の城は、隆信が中世の居館に近い形式だったものを天正期(1573-93.1)に改修しており、近世佐賀城の多久屋敷と諫早屋敷から三ノ丸、西ノ丸に掛けて在ったとされ、遺構も一部が検出されているが、詳細は不明である。伝わる縄張では、近世の諫早屋敷を中心にその南北に掛けてが一ノ郭、多久屋敷が二ノ郭で、同じく三ノ丸、西ノ丸がそのまま三ノ郭、西ノ郭だったという。また、佐賀平野の各城と同様、村中城も水路に囲まれた島状の郭を連結した城だったと推測されているようだ。
 一方、現在の佐賀城を形造ったのは、鍋島体制開始後の同13年(1608)に始まり同16年(1611)に完成した総普請によるものである。これにより、旧三ノ郭の東に本丸と二ノ丸、五層の天守を擁する郭が増設されたほか、その北側に北ノ丸も造られ、堀も40間へと広げられた。端的にいえば、龍造寺時代の城を東方向に2倍にしたような感じである。建物に関しては、鍋島氏の本拠だった蓮池城から移築した天守は、享保11年(1726)の火災によって焼失し、以降は再建されず、御殿もこの時と天保6年(1835)の2度焼失しており、現存する鯱の門は同9年(1839)に再建されたものという。また、他の建物の多くも明治7年の佐賀の乱で焼失の憂き目に遭っている。
 本丸の北側と西側以外には石垣が使われていないが、これは築城当初の財政事情が厳しく、徐々に整えていく予定だった為という。しかし、幕府の規制が厳しくなり、石垣工事を完工できなかったようだ。だが、城の防御には、多布施川から水を取り入れて本丸以外を沈めてしまう工夫がなされており、沈み城との別名も持つ。
 残念ながら、現存は鯱の門と続櫓のみだが、平成16年に佐賀城本丸歴史館が開館した事で、往時の姿にやや近くなった。本丸周辺を散策すると、本丸の芝生と幅広の堀の対比が抜群で、郭内から見ても、堀の外から見ても、非常に優雅な城と言える。