水ヶ江城 所在地 佐賀県佐賀市
佐賀県庁南東900m
区分 平城
最終訪問日 2014/10/19
城跡に建つ巨大な龍造寺隆信公碑 戦国時代に龍造寺家を興隆させた家兼、隆信という2人の武将を輩出したことで知られる水ヶ江龍造寺氏の居城。
 水ヶ江龍造寺氏は、前述の家兼の兄家和が宗家を継いでいた為、家兼が分家として興した家であるが、水ヶ江城自体は家兼が分家するより前の築城である。城は、文明年間(1469-87)に兄弟の父である康家が、家督を家和に譲って隠棲した際に築いた館から出発しており、康家の死後に家兼が相続したことで水ヶ江家が成立し、本館から西へ東館、中ノ館、2郭構成の西館を整備して城としての体裁を整えた。運河の多い佐賀平野の城らしく、それぞれの郭を水堀が区画していたという。
 この頃、龍造寺宗家では、家和から家督を継いだ嫡子胤和が早世し、家督が家和に戻った後、家和の死後にその次男胤久、そして更にその子胤栄へと頻繁な家督相続が行われる一方で、智勇に優れる家兼は家中の重鎮として安定しており、必然的に家兼が宗家よりも衆望や勢力を集めるようになった。これは家中のみならず、龍造寺氏の主家である少弐家でも同様であり、享禄3年(1530)の田手畷の合戦で大功を挙げるなど、外様でありながら家兼は次第に重用されるようになる。だが、新参者の重用は軋轢を生むことにもなり、天文4年(1536.1)の少弐資元の自刃のきっかけとなる大内氏との和睦を家兼が勧めたこともあって、重臣馬場頼周や天文9年(1540)に少弐氏を再興した資元の子冬尚から恨まれるようになっていく。そして同13年(1544)に有馬氏討伐の命を受けて分散の出陣となった龍造寺勢は、各地で有馬軍に敗れ、帰った水ヶ江城では、有馬氏と結んだ少弐氏の包囲を翌年正月に受けてしまう。ここで家兼は、冬尚からの大内氏への内通疑惑を釈明すべく、長男家純の子である周家と頼純、次男家門の子家泰を使者として派遣したが、孫達は謀殺され、開城して筑後に退こうとしていた子の家純と家門、家純の子で孫の純家も討たれた為、龍造寺氏は一旦は滅んだ。
 筑後柳川の蒲池鑑盛の下に辛うじて逃れた家兼は、有望な男子が全て討たれるという絶望的な状況の中、佐嘉に残っていた家臣鍋島清房と連絡を取り、本家当主で大内氏の下に出奔していた龍造寺胤栄とも協力して同年3月に逆襲に転じた。そして、老躯に鞭打ち、水ヶ江城番だった小田政光を追って城への復帰に成功する。更には、千葉城に在った陰謀の首謀者馬場頼周を討つことにも成功し、雪辱を果たした。ただ、これに関しては、頼周の没年が一般に天文15年(1546)4月とされるが、家兼の死没がその1ヶ月前であり、家兼が頼周の首を見聞したという逸話が成立する為には、頼周討伐は前年である必要がある。ここに年代の誤差があり、家兼の再起と頼周の討伐が天文14年であったり15年であったりする要因となっているようだ。
 再興を成し遂げた家兼は、気が抜けたのか上述のようにすぐ病没するのだが、死に際して周家の子胤信を還俗させて当主にすることを命じ、更に宗家でも2年後に胤栄が嗣子無く没した為、胤信が図らずも宗家と水ヶ江両家を併せることとなる。そして胤信は、磐石とは言えない基盤を固める為、天文18年(1549)か翌年に大内義隆の後援を得て偏諱を受け、隆信と名乗った。これが、後に五州二島の太守として、肥前の熊という異名を以って恐れられた武将である。
 隆信の本家継承後、隆信の佐嘉入城により、水ヶ江城には家門の子で隆信の叔父にあたる鑑兼が城主となったが、家中には隆信の本家継承を快く思わない勢力がおり、天文20年(1551)の大寧寺の変で義隆が家臣陶隆房に討たれると、後ろ盾を失った隆信は土橋栄益らの謀反によって佐嘉から追われ、鑑兼が擁立された。しかし、隆信は曽祖父家兼も世話になった鑑盛の下に逃れてその助力を得、同22年(1553)に佐嘉城の奪回に成功する。この時、鑑兼は幼少であった為、罪には問われなかったが、水ヶ江城は没収され、隆信の末弟長信に与えられた。長信は、隆信からの信も厚かったようで、勢力拡張に伴って蓮池城や梶峰城といった新領地へと本拠を移していくのだが、水ヶ江城に関しては変わらず長信の城で在り続けたたようだ。佐嘉城との近さもあり、佐嘉城へ出仕した際の居館として使われていたのではないだろうか。
 その後、天正12年(1584)の沖田畷での隆信の死や、同15年(1587)の秀吉による九州征伐を経て、家中では隆信の義弟である鍋島直茂が台頭し、やがて秀吉の意向もあって実権を掌握していくのだが、比較的平和裏に権力移譲が進んだのは長信ら一門の協力があった為という。直茂は、江戸時代に入った慶長13年(1608)から、藩の府城として佐嘉城の大改修を始め、これに伴って水ヶ江城も近世佐賀城の城地の一部となって廃城となり、城跡付近には武家屋敷や寺院が建てられた。ただ、一説には、龍造寺時代末期には既に佐嘉城に隣接する与賀城や水ヶ江城は、勢力拡大に伴う城域拡張で佐嘉城に取り込まれていたという説もある。
 城は、居館から発展拡張した平城だった為に城地の流用が容易な事や、佐賀城の改修拡張の影響もあって、遺構は全く残っておらず、城の痕跡を示すものとしては、龍造寺隆信公碑と刻まれた巨大な碑と、隆信公胞衣塚程度しか無い。とは言え、江戸時代にもある程度の縄張の跡は残されていたようで、江戸時代に書き起こされた絵図を元に佐賀市が描き直した図を見ると、乾亨院が本館の北東の一角で、碑のある今の中の館公園周辺が東館、赤松小学校の東半分が中ノ館、同じく西半分の南側に2つに分かれた西館があったことが判る。また、光圓禅寺(光円寺)の縁起には、境内は中ノ館の郭内で重臣木下氏の屋敷地に当たるとあり、中ノ館に関しては、赤松小学校の東半分から光圓禅寺を含む東南方向にも広がっていたのかもしれない。
城跡の龍造寺隆信胞衣塚 城の遺構が少ない為、散策自体はすぐに終わったのだが、訪れた日はたまたま赤松小学校で地域の運動会が開かれており、日曜の朝一の時間ながら、なかなか賑やかだった。地域の運動会というのは、新興住宅では行われておらず、その行事が今も残っている旧市街の古い地域でも人口流出で開催が難しくなっているらしい。だが、この佐賀の旧市街では今でも地域の繋がりが蜜のようで、遺構とは違った意味で城や城下町の痕跡が感じられ、その情景はなんだか羨ましかった。