岸和田市立郷土資料館
所在地  大阪府岸和田市
岸和田市役所南すぐ岸和田城内
最終訪問日  2003/4/26
 岸和田城内にある資料館で、1970年5月15日に復元された多聞櫓門と隅櫓の内部を使用して開館した。
 展示内容は、岸和田藩主であった岡部家や岸和田藩関係の歴史資料や、岸和田に点在する遺跡から発掘された品々が並んでいるが、江戸時代から城下町として発展し、比較的早くから市街化が進んで発掘調査が後手に回った為か、展示される遺物の数は少なく、古代のものよりも建武期以降の中世のものが中心となっている。
 入館料は、すぐ目の前にある岸和田城天守閣と共通で、訪れた時は天守閣で特別展示があり、いつもの倍の値段となっていた。また、岸和田らしく、だんじり祭りの時は休館であるというのは、外から来た人間にとっては妙に納得がいく。