海中道路
区間  沖縄県与那城町与勝半島
     〜与那城町平安座島
最終訪問日  2001/9/6
 沖縄中部の与勝半島と平安座島を繋ぐ全長4.75kmの道路で、宮城島、伊計島、浜比嘉島への入口にもなっている。
 周辺は珊瑚礁と砂地の浅い海で、昔は船を使って往来し、干潮時には徒歩で歩くこともできたらしく、アメリカ占領下では軍用車両が使われていた。そんな地形だったので橋ではなく、最初は人力で埋め立てて道路を造ったが、より恒久的な道路が1972年に完成した。しかし、埋め立てによって海流が途絶え、水質の悪化が進んだ為、1990年代に海流を復活させると共にレジャー施設を備えた道路へと改修している。
 海中というだけあって、一部のパーキングや施設以外は海岸が左右に延々と続き、両サイドに海を眺めながら走る感覚はここでしか味わえない特別なものがある。特に本土の人間には、沖縄的な青い世界が映るので格別だ。

海中道路から浜比嘉島