玉泉洞
所在地  沖縄県玉城村
玉城村役場西南2km
最終訪問日  2001/9/6
鍾乳石と湧き出す水 珊瑚礁や石灰岩の多い沖縄には、大小多数の洞穴があって、沖縄戦でも防空壕の代わりの役目を果たしたが、玉泉洞はそのうち最も大きなもので、日本第2位の長さを誇る。
 昭和42年の愛媛大学の探検によって全容が明らかになり、全長は5kmにもなることが判明した。現在観光洞として整備されている長さも890mあり、美しさは東洋一ともいわれている。
 洞穴の地上部分は玉泉洞王国村となって観光地化されており、沖縄伝統の住宅やエイサー踊りを見ることができる。少し前までは、ハブ対マングースのショーをやっていたらしいが、訪れた時は動物愛護の観点からかやっていなかった。その他にもガラス工房や陶器工房、ハブ薬草酒工場などもある。