村上城 所在地 新潟県村上市
村上市役所東南500m
区分 平山城
最終訪問日 2001/9/18
手前の出櫓と奥の本丸高石垣 今は村上城と呼ばれ、所在地も村上市となっているが、元は豪族本庄氏の居城で、本庄城や本荘城と書いた。そのころは中世的な山城だったと推定され、鎌倉時代の築城という伝承もあるが、本格的に構築されたのは戦国時代初期らしい。
 本庄氏は平姓秩父氏の出で、一説にはその庶流である畠山氏が直接の祖ともいい、鎌倉時代初期に小泉庄の地頭となった秩父行長とその弟為長は、それぞれ本拠とした地名から本庄と色部を名乗った。これが同族である本庄氏と色部氏の最初で、行長は長子であったことから、小泉庄の中心地を意味すると思われる本庄という土地を領したのだろう。
 その後の本庄氏に関する資料は多くない為、詳細な動向ははっきりとしないが、庶流である色部氏との確執もありつつ南北朝時代を生き抜き、室町時代まで村上市一帯を領していた。その頃の越後は、鎌倉公方に仕える関東管領上杉家の一族が守護であり、守護代は長尾氏が世襲していたが、幕府と鎌倉公方という2つの支配体制によるしがらみや守護と守護代の対立などもあって必ずしも平穏ではなく、また、国内だけではなく、戦国時代の少し前に頻発した関東の争乱には、本庄氏も上杉氏に従って関東へも出陣するなどしている。このように、争乱が多いという不安定な情勢の上、もともと揚北衆などの国人衆は鎌倉時代からの地頭ということもあって独立心が旺盛で、室町時代になって上に被さってきた守護に対して純粋に家臣化するようなことは少なかった。
 本庄氏もそのような独立心を持つ国人のひとつで、前述の繁長の曾祖父房長も守護の上杉房定に対し叛乱を起こして鎮圧され、長尾為景が上杉定実を擁立した永正の乱では、房長の子時長が反為景の兵を挙げた末、降伏している。この後は長尾氏に従ったようだが、越中出兵などの負担から国人衆が反為景の兵を挙げた上条定憲に付くと本庄氏もこれに与し、為景の病没で嫡子晴景が継ぐことによってようやく争乱は沈静化した。
 その後、守護代となった晴景は定実を守護に戻したのだが、この定実に養子を迎える件を巡って、本庄氏は同じ揚北衆の中条藤資に天文8年(1539)に城を攻められ、その時に時長の子房長は実弟小川長資の裏切りで殺されたとも憤死したともいい、この事件で本庄嫡流はしばし没落する。そして、房長の子繁長は、天文20年(1551)に13歳という若さながら長資を急襲してこれを自刃に追い込み、晴景に代わって守護代となった後の上杉謙信である景虎の有力な家臣となるのだが、この頃は未だ守護代と国人という枠から出ない半独立的な関係であったようだ。
 揚北衆は伝統的に独立心が強いが、繁長も例に漏れず、永禄11年(1568)には謀叛を起こす。これは武田信玄の誘いによるものだが、最も激戦となった永禄4年(1561)の川中島の合戦で、信玄の嫡子義信の軍勢に不意を衝かれた本隊を、繁長らが義信軍を撃退して救ったということがあり、そのことを知っていた信玄が、上杉軍の牙を抜き、さらには内乱で国力を弱めようとしたようだ。つまり、繁長はうまく使われたのだが、繁長自身も謙信に対していくばくかの不満か、本庄という家に対する自信や誇りがあったのだろう。だが、この城を謙信に囲まれて5ヶ月間籠城したものの、翌年に降伏し、嫡子顕長を人質に出したことによって完全に家臣化することとなった。
 叛乱後の繁長は、席次で色部氏の下に置かれるなどやや不遇であったらしいが、天正6年(1578)に謙信が死去し、家督争いである御館の乱が勃発すると、この乱に勝利した景勝を終始支持してその重臣となり、以後も軍功を重ねた。その後、出羽庄内の大宝寺氏へ養子に入った次男義勝を後見し、最上氏と死闘を繰り広げたが、天正19年(1591)に庄内で発生した国人地侍一揆を扇動したとして、秀吉によって大和へ流罪となった。
 繁長が流罪となった後、本庄城には城代として春日元忠が在城したようだが、慶長3年(1598)に景勝が会津に転封した後は村上頼勝が春日山城主堀秀治の与力大名として本庄に入部し、城名を改めて城郭の改修や城下町の整備を行った。頼勝は同5年(1600)の関ヶ原の合戦では、東軍に属して上杉旧臣の一揆を鎮圧するなどしたが、子忠勝の時に改易となり、堀直竒が長岡から入った。この堀家の絶家後、本多氏、越前松平氏、榊原氏、本多氏、大河内松平氏、間部氏、内藤氏と続いて維新を迎えた。
 今に残る城郭の縄張は、村上氏を始め、堀氏や松平氏によって大改修されたもので、三層の天守を擁して山上に石垣を積み、麓には堀と政庁を整えて近世平山城へと変貌を遂げており、本庄氏時代の城とは全く違う。山上の出郭や本丸の高石垣は壮観の一言で、中規模ながら近世の城としての完成度は高い。慶応4年(1868)の戊辰戦争の際に佐幕派藩士によって麓の居館が焼かれ、明治3年から同8年まで解体や払い下げが実施された為、現在の城跡には石垣しか残っていないが、市民の程よいハイクコースとなっているようで、訪れた日もたくさんの人が運動着で歩いており、実際に歩いてみると20分程でぐるりと一周する事ができるコースだった。
本丸から村上市街と日本海