塩見城 所在地 宮崎県日向市
日向市役所南西1.8km
区分 山城
最終訪問日 2015/10/18
本丸の削平地と城主慰霊碑 塩見城の築城年代は不明だが、一般には南北朝時代に土持氏によって築かれたとされている。後に伊東氏の城となり、伊東領の北辺の鎮めとして門川城、日知屋城と合わせて三城と呼ばれたという。
 塩見城を築いた土持氏は、宇佐八幡宮の神人の出身であり、日向国内に宇佐八幡宮の神領が多かった事から、その現地管理人として勢力を養い、日向国内各地に支族を分出した。ただ、臼杵郡司として日向での土持氏の最初の足跡を残した信村の後、次代の則綱の頃には既に門川に基盤を持っていたほか、鎌倉時代には塩見、富高が地頭分として見え、城の周辺一帯との関わりは築城の遥か以前に遡る。時代が下った後世には、いつの頃の話かは不明なものの、それら各地の支族を称して土持七頭と呼ばれていたことが史料として残っているが、その中で財部殿が塩見殿とも呼ばれており、塩見城は財部土持氏の主要拠点のひとつであったようだ。また、塩見城も、南北朝時代の築城というのが正しいとするならば、財部土持氏によって築かれた可能性が高い。
 南北朝時代の日向国内の情勢は、土持一族は概ね北朝に属し、尊氏から都於郡を与えられた伊東本家が北朝方、鎌倉時代から日向に入部していた伊東諸家が南朝方であった。この為、土持氏は伊東本家による庶家討伐に協力し、婚姻関係も結んでいる。南北朝合一後は、合一前の九州探題である今川了俊と島津氏の対立が、そのまま伊東氏と島津氏の対立となって残った為、協力関係は維持されたが、やがて伊東氏が祐堯の時代に日向の領国化を志向し、守護就任を試みたことから、両者の関係は悪化し、遂に武力衝突に至った。これが康正3年(1457)の小浪川の合戦で、財部土持氏の景綱は宗家筋である縣土持氏の宣綱と共同して伊東氏に当たったが、あえなく敗れ、降伏を余儀なくされている。この降伏に伴い、塩見城は財部城や新納院高城など他の城と共に伊東氏の所有となった。
本丸南側の郭と城山公園全景 伊東氏時代は、前述のように他の城と共に伊東領の北辺を守る城として重要視され、後の戦国時代中頃には綾義恒が城主を務め、次いで永禄年間(1558-70)から天正年間(1573-93.1)初期頃にかけては、伊東一族の右松祐春が城主として見える。この祐春の頃は、伊東氏が斜陽となってくる時代で、元亀3年(1572)の木崎原の合戦で島津氏に大敗した伊東氏は、島津氏の調略等によって内部から瓦解するように没落の坂を転げ落ち、同5年(1577)末には伊東義祐・義賢父子が領国を維持できずに豊後へ落ち延びるという事態にまで到るのだが、これを受け、祐春は人質を出して島津氏に服従した。だが、その一方で義祐の日向復帰と大友氏の後援を運動しており、翌年の大友氏の日向侵攻の際には、その軍に投じている。しかし、この侵攻は11月の耳川の合戦での大友軍の大敗によって決着しており、祐春や元城主である義恒の子義政も、この戦いで討死した。戦後、祐春が残した守備兵が城に籠もったようだが、これもまた悉く討死したという。
 島津氏が塩見城を掌握した後は、城には島津一族である吉利忠澄が門川灘地頭として入城し、佐土原城にあった島津家久の指揮下に入っていたと見られる。九州征伐の際には、島津家当主の義久が日向北部まで出馬し、天正14年(1586)10月にこの城に入城した事が見え、翌年3月まで指揮所であったが、秀吉本隊の九州上陸を受けて日向南部の都於郡へと戦線を引いた為、城も放棄されたようだ。その後、島津軍は木城町の高城を包囲する秀吉軍に奇襲を仕掛た4月17日の根白坂の合戦に敗れて降伏し、九州征伐後には縣を与えられた高橋元種の属城となったが、元和元年(1615)の一国一城令で廃城となった。
東屋が建てられている本丸南西下の郭 城は、九州山地の山並みが日向灘へと張り出してくるその末端の独立的な丘陵にあり、南には塩見川を控えている。塩見川沿いに走っていたであろう西への街道を眼下に収め、海岸に近い南北の街道にも至近で、塩見川から細島湊へのアクセスを含めて交通には便の良い城だ。義久が指揮所として用いたのも、伝令の出し易さがあってのことだろう。
 城跡は、公園として2度整備されたようで、2度目の整備で舗装道が通じ、立派な城山公園の碑が建てられている。この碑が建っている場所が本丸東側の郭で、そこから土塁と虎口を経て一段高い本丸に入ると、城主だった綾氏の慰霊碑があった。この部分がかなり細長い本丸の中でも最も幅のある場所で、そこから北西へ延々と郭が続いているが、途中には武者走りに近いような幅の場所もある。郭はこの2郭の他に南西側にも存在するが、それ以外では峰筋の段郭程度と思われ、見る限りでは全体的に割と小規模な城であった。
 城へは、国道327号線から城山墓薗へ向かう斜めの道に入り、墓薗を過ぎてそのまましばらく行くと、城山公園の直下に説明板が建てられている。自分はそこから歩いたが、公園へは舗装道が通っており、車でも十分に入れる道だった。ただ、公園入口の駐車スペースはかなり小さい。山上で完結した山城であるが、墓薗のお陰もあってアクセス路が非常に整っており、かなり訪れ易い城である。