門川城 所在地 宮崎県門川町
門川町役場西1.5km
区分 平山城
最終訪問日 2015/10/18
門川城縄張図 城平安時代の日向北部は、宇佐八幡宮と関わりの深い場所で、現在の延岡や門川といった地域を含む臼杵郡の7割程度は宇佐八幡宮の神領であり、門川周辺の富田荘もそうであった。やがて、源平の合戦を経て鎌倉幕府が成立すると、頼朝の寵臣であった工藤祐経が建久7年(1190)に富田荘を含む日向各地の荘園の地頭に任ぜられた事から、その子祐時の頃に子供達を現地管理者として下向させ、これが日向各地の伊東支族となっていく。具体的には、七男祐景が富田荘と縣荘を任されて門川へ入部し、地名から門川殿と呼ばれ、田嶋荘には四男祐明が入部して田嶋氏を、諸県郡木脇には八男祐頼が入部して木脇氏を名乗った。ただ、日向北部は宇佐八幡宮の神人であった土持氏の勢力が強いところでもあり、勢力範囲は複雑に入り組んでいたようである。
 南北朝時代の建武2年(1335)になると、尊氏の命で伊東本家の祐持が都於郡に入部するが、この時、日向に先住していた伊東庶家の木脇氏などは従っていない。ただ、門川伊東氏一党の動向は不明で、後の伊東宗家による支配が安定した頃には、既に従っていたようだ。その伊東宗家は当初、日向各地に勢力を持つ土持氏と婚姻を結ぶなど協力して共に北朝方として活動していたが、室町時代中頃の祐堯の代に勢力拡大と日向の領国化を志向した為に両者の関係は悪化し、康正3年(1457)に財部土持氏の土持景綱を降伏させた。この時に伊東氏は門川周辺の城を獲得したとされる事から、合戦の前には門川伊東氏から土持氏へと門川周辺の主な支配権が移っていたと推測され、その凋落の為に門川氏の動向がはっきりしないようだ。
 門川城は、一般に伊東氏が門川一帯の獲得後に築かれたといい、獲得直後、もしくは文明年間(1469-87)頃の築城とされる。だが、前述のように財部土持氏降伏の際に日知屋や塩見などと並んで門川があり、これが城名を指すのであれば、土持氏時代からすでに城砦があったということになるが、実際はどうだったのだろうか。
門川城二ノ丸の杉林 以後、失陥していたのか、明応年間(1492-1501)に伊東氏が門川城を奪った事が見え、松尾城攻略の為に夏田まで進出したが、土持軍に敗れ、土持軍が門川城をも落とすという争奪があったようだ。そして、城の事跡は不明となり、永禄年間(1558-70)頃になってようやく伊東四十八城のひとつとして米良祐次が城主であったことが見える。この頃は、伊東領の北の拠点として機能し、日知屋城や塩見城と合わせて三城と呼ばれ、伊東氏が元亀3年(1572)に木崎原の合戦で島津氏に敗れた際には、境を接する土持成親が好機とばかりに翌年に攻め込んでいるが、祐次が近辺諸城が協力して撃退に成功したという。
 その後、伊東家で離反などが相次ぎ、天正5年(1577)末に自壊に近い形で大名の体裁を保てなくなると、祐次は北進してきた島津氏に臣従した。しかし、塩見城主右松四郎左衛門、山陰城主米良喜内と画策して、大友家に身を寄せていた旧主伊東義祐と連絡を取り、寝返りを確約している。これにより、翌年に大友氏による日向討伐の軍が発せられ、土持氏を滅ぼした大友勢の先鋒が入城し、祐次も参陣して耳川の合戦に挑んだのだが、大友勢の壊滅により討死した。
 この後、伊東家の残党が一掃された日向は完全に島津氏の支配下に入り、門川城は伊地知丹後守が城主になったという。ただ、天正13年(1585)の若宮大明神の再興の棟札には藤原祐盛との名があり、伊地知氏は平姓秩父氏の流れである事から、城主は替わっていたのだろう。諱に祐があることから、藤原氏である伊東氏の一門かその家臣と思われ、降将組の可能性が高いと思われる。
 天正15年(1587)の秀吉による九州征伐後は、門川は縣に入部した高橋元種の領地となり、門川城はその属城となったが、城代や城主などは伝わっていない。その後、元和元年(1615)の一国一城令で廃城となった。
内堀に架かる土橋 九州山地からの門川へと山塊が緩やかに張り出したその先端が切り離され、独立丘陵となった部分の西端に城は在り、西から南は五十鈴川の流れが天然の堀となっている。城の東側には南北に道が通っているが、これは独立丘陵から城を切り離す為に人工的に掘り切った跡だろう。その切り離した台地の最高部に方形の本丸を置き、南に2段構成の二ノ丸を構え、本丸北側には幾つかの帯郭があったようだ。本丸と二ノ丸を囲う内堀を挟んで南東側に細長い台形の三ノ丸を置き、三ノ丸の外側にも外堀があった。全体としてはコンパクトにまとめられた中世的な平山城で、規模もそれほど大きくはない。
 城への道は、国道388号線の城屋敷という場所から北の丘陵側へ入るとすぐに案内板があり、案内板脇の遊歩道を歩くと、三ノ丸の脇を通って本丸と二ノ丸を囲う堀へと出る。この堀は内堀で、案内図では水堀のような描かれ方をしているが、往時はどうだったのだろうか。内堀の所から三ノ丸へと入る道があり、三ノ丸はかつては果樹園だったようだが、今は放置されて薮となっている為、数mしか立ち入れなかった。畑地として利用されている堀跡にかかる土橋を通って三ノ丸より一段高い二ノ丸へ向かうと、長い間、人が通っていない為か、遊歩道にも草が繁茂していて歩き辛い。二ノ丸自体は杉林となっており、幸いにも散策は可能だったが、その範囲は広くなく、案内図に示されていた二ノ丸内の区分けや、本丸との虎口は、残念ながら薮に邪魔されて確認できなかった。本丸には、薮を掻き分けて二ノ丸縁辺から直登してみたが、こちらはもっと酷い薮となっており、とても装備無しで立ち入れる状況にはない。冬場に行けばもっと状況は違うと思うが、この日は装備も無く、残念ながら散策を諦めざるを得なかった。