日知屋城 所在地 宮崎県日向市
JR財光寺駅東2.3km海浜公園内
区分 平山城・海城
最終訪問日 2015/10/18
伊勢ヶ浜海浜公園の駐車場にある城址碑 伊東領北端の支配拠点のひとつとして、門川城や塩見城と合わせて三城と呼ばれた城。
 日知屋城の築城時期については詳らかではなく、鎌倉時代から室町時代の半ば頃までの間に伊東氏によって築かれたという。伊東氏は、頼朝の寵臣であった伊東祐経の子孫であるが、後に戦国大名化した伊東宗家は南北朝時代の日向入部で、鎌倉時代から現地管理者として日向に入部していたのは祐経の孫達が興した庶家である。従って、鎌倉時代の築城とするならば、それら先に入部した伊東庶家による築城となり、室町時代の築城するならば伊東宗家による築城の可能性も出てくるわけだが、後の大友氏の侵攻の際に日向北部各地の史料が失われた為、その辺りの歴史を追うのは困難なようだ。ちなみに、伊東庶家の築城ならば、富田荘と縣荘を任された伊東祐景に始まる門川伊東氏の可能が高いと思われる。
 以後、城の変遷は不明だが、康正3年(1457)に小浪川の合戦で伊東祐堯が土持一党の軍を破って財部土持氏の景綱を降伏させた際には、他の諸城と共に日知屋城も伊東氏の所有となったことが見えることから、時代の変遷の中で土持氏の城になっていたようだ。そして、この戦いの後は伊東氏の城となり、北の縣土持氏に対する拠点のひとつとして機能した。
 この祐堯は、精力的に伊東氏の勢力を拡げた当主で、文明16年(1484)にも島津家の内紛に介入して飫肥城の島津久逸を後援し、飫肥を巡る島津氏との1世紀近くに渡る争奪戦を始めているが、翌年の再出陣の際に滞在した清武城で病没し、子祐国が家督を継いだ。しかし、祐国は直後の島津忠昌との戦いで、飫肥城から酒谷川を挟んだ向かいの楠原にて乱戦に陥り、討たれてしまう。こうして、祐国の跡は若干18歳の嫡子尹祐が継ぐのだが、このような相次いだ家督相続は家中に動揺をもたらしたようで、楠原にも参陣していた祐国の弟祐邑が戦後に土持氏の反攻を恐れてこの日知屋城に入り、その背後の大友氏と交渉を持つと、尹祐の周辺はこれを独自政策と見て家督奪取を恐れ、祐邑は翌同18年(1486)にこの城へ送り込まれた刺客によって暗殺されてしまっている。ただ、これには領民も同情したようで、祐邑公の祟りが噂されたといい、今でも幾つかの神社や寺で、祐邑は祀られたり供養されたりしているという。
日知屋城の最高部 この後、城はやはり伊東家にとって関わりの深い要所であったようで、尹祐の後を継いだ子祐充が早世したのを機に尹祐の弟祐武が叛乱を起こして外戚福永氏を滅ぼした際には、祐充の弟である祐清と祐吉が難を逃れてこの日知屋に入り、他国への渡航を図ろうとしている。この時、兄弟は在地の家臣らに説得され、日知屋や塩見、門川、財部などの衆に支えられて祐武を討伐し、やがて祐吉が家督を継いだ。そして、その早世後は祐清が家督を継承することになるのだが、この祐清が伊東氏の全盛期を築いた義祐なのである。
 義祐は、日向の大部分を領国化し、領内に伊東四十八城という支城網を構築したが、日知屋城もそのひとつとして機能し、城主として福永新十郎の名が見え、後には氏本駿河守が在城したという。天正14年(1586)に島津氏が義祐を豊後に追い落とすと、日知屋に在った新十郎は島津氏に臣従したが、翌年に大友軍が日向侵攻を図ると、それに先駆けて塩見城や門川城などと共に島津氏に叛旗を翻したようだ。しかし、その大友軍も同年の耳川の合戦で大敗した為、城は再び島津氏に手に戻り、井尻伊賀守が城主を務めたという。そして、同15年(1587)の九州征伐後は、縣に入部した高橋元種の属城となり、元和元年(1615)の一国一城令で廃城となった。
 塩見川河口の北東、米ノ山と櫛ノ山という2つの独立した山の南の海にせり出した岩場にある城で、立地自体は櫛ノ山から続く丘陵地の東端にあたる。城を構えるのならば、周辺を見渡せば米ノ山や櫛ノ山に構えるのが、堅固かつ水軍用設備も整えられそうに思うのだが、往時は細島周辺が幾つかの島で構成されていたと思われ、海を防御の要とするならばそこまでの堅固さは求められなかったのかもしれない。
 構造は、最高部からやや下がった場所に不定形の本丸を置き、その南東側に東ノ郭、最高部を挟んだ北西側に西ノ郭を設け、地続きの西側は掘り切りで断ち切っていた。主郭部はこの3つの郭と船付ノ郭という伊勢ヶ浜側の郭の4つと思われ、湾状になった伊勢ヶ浜が船溜になっていたようだ。また、本丸の背後にある最高部も割に平坦で、往時には櫓か見張台などの設備があったのではないだろうか。この他、虎口と呼ばれる場所に帯郭と見るには幅の広い郭があり、鵜戸神社付近にも削平地と縁辺の土塁跡などが見られる。そして、いつ頃に構築されたのか不明ながら、城内のいたる所に近世風ではない石垣が見られのも、特徴のひとつだろう。
土塁と石垣がよく残る東郭 城跡は現在、伊勢ヶ浜海浜公園として整備されており、遊歩道や案内板が非常に良く整えられている為、軽装でお手軽に散策できる城跡となっている。常に波の音が聞こえるのは流石に海城らしいところで、訪れた日は、時折見える日向灘の景色や奇岩を見つつ、石垣や土塁などを丹念に見て回り、城好きとしてはかなり有意義な時間を過ごせた。公園入口には駐車場もきちんと整備されており、非常に訪れ易い城ではあるのだが、隣が伊勢ヶ浜ということで、夏場は駐車できない可能性があることには留意が必要かもしれない。