菊池阿蘇スカイライン
所在地  熊本県菊池市重味
     〜阿蘇市湯浦
最終訪問日  2014/10/18
菊池阿蘇スカイラインからの外輪山の遠景 阿蘇山の北外輪山上で菊池市と阿蘇市を結ぶ道路。かつて菊池阿蘇道路として熊本県が供用していた県道45号線を中心として県道12号線を含む区間で、阿蘇市の部分だけを阿蘇スカイラインと呼ぶこともあるようだ。しかし、菊池阿蘇スカイラインの具体的な区間としては、公的に明示が無く、よく分からなかった。国道387号線と県道45号線の交点から国道212号線と県道12号線の交点までとすると、全長は20.9kmとなる。
 スカイラインの前身となる菊池阿蘇道路は、熊本県が観光道路として整備した道で、昭和48年11月20日に開通し、25年の償還を終えた平成10年11月20日に無料開放された。以降は阿蘇北側の観光道路として非常に人気が高まり、外輪山上からの眺望のほか、秋には菊池渓谷の紅葉も味わえ、渋滞が起こるほどという。
 阿蘇山のカルデラや外輪山は、カルデラ形成後に破壊的な噴火が無かった為、非常に良い形で残っており、一帯は、壁のような外輪山と平坦なカルデラ内部の平地がとてもよく調和した心地よい景色となっている。阿蘇山周辺にはこの景色を味わえる道も多いが、その中でもこの菊池阿蘇スカイラインとミルクロードは人気のようだ。訪れた時は天気も良く、外輪山上の草地越しに見える盆地と、湾曲しながら先のほうまで続いている外輪山の景色は、阿蘇でしか味わえないコントラストの効いた雄大な情景だった。