宿毛城 所在地 高知県宿毛市
区分
最終訪問日 2004/9/10
 土佐の国人松田氏の居城で、松田城ともいう。
 この城がいつ頃築かれたかははっきりせず、城主であった松田氏についても、その系図や活動はよくわからない。宿毛は土佐と伊予の国境付近に位置し、土佐と伊予、具体的には一条氏と西園寺氏の境の城となったかも知れないが、松田氏が一条氏に属していたこと以外は判然としない。
 戦国末期に差し掛かると、土佐の中央部では長宗我部氏が興こり、宿毛城の城主は松田兵庫から依岡伯耆守へと代わっているが、この変遷の詳細も不明だ。この依岡伯耆守は、長宗我部氏の天正3年(1575)の侵攻で城を追われ、後には長宗我部右衛門大夫、野田甚左衛門が城主となっている。また、この侵攻の時に松田兵庫の一族と見られる松田伝大夫が長宗我部氏方として功を挙げ、宿毛の旧領の一部を給されており、依岡伯耆守と何らかの因縁があったのかもしれないが、すべては想像の域を出ない。
 慶長5年(1600)の関ヶ原の合戦後、長宗我部氏は改易となり、代わって入部した山内一豊が姻族の山内可氏を宿毛に封じた。可氏は入部後直ちに城の修築を行い、近世の城の体裁を整えたと思われるが、元和元年(1615)の一国一城令で廃城となった。
 訪れた時は、国道を中心に探索してみたが、案内がなかった為、所在はわからなかった。どうやら松田川の川沿いにあるらしい。