高知県立歴史民俗資料館
高知県立歴史民俗資料館
所在地  高知県南国市
南国市役所北西2.5km
最終訪問日  2004/9/9
 高知県全体の歴史資料や民俗資料を展示している資料館で、どちらかといえば歴史系の展示が多い。開館は平成3年5月。
 四国を統一した長宗我部元親の居城岡豊城は岡豊山にあるが、資料館はその岡豊山の中腹にあるので、資料館を含めた山全体が歴史資料でもある。しかし、展示内容は戦国期にそれほど偏っているというわけではなく、上代の遺物や土佐日記が有名な平安時代から、多くの志士を輩出した近世まで、ほぼまんべんなく見やすく展示してあり、思ったより幕末付近の歴史資料が充実していたような感じだった。
 民俗資料は、漁民や鍛冶などについてビジュアル的に大きく展示してあり、見た目には解り易いが、ややボリュームにはやや欠ける。ただ、全体的なバランスとしては非常にすっきりしてよい感じだった。
 資料館内には、ホールや体験学習室などもあるようだが、市街地から離れて目立たない場所にあるせいか、施設や外観の豪華さに比べ、有効利用されていないような気はする。だが、平日の資料館はどこもこんな感じだと言ってしまえばそれまでなのかもしれない。