聖通寺城 所在地 香川県坂出市・宇多津町
瀬戸中央道坂出北I.C.西300m
区分 山城
最終訪問日 2006/5/25
平山城とある城址碑と宇多津市街 聖通寺城は、聖通寺山城や、宇多津にあるので宇多津城とも呼ばれ、城址碑には平山城とあった。
 城は、細川勝元に仕えて細川四天王のひとりに数えられた奈良元安によって応仁年間(1467-69)に築かれたとされる。この奈良氏は、もともとは関東の御家人であったらしく、成田氏流とも多々良氏流ともされ、細川家の被官として活動し、南北朝時代に讃岐に所領を得たようだが、応仁の乱が始まる前後にこの城が築城されたというのは、それだけ情勢が逼迫してきていた証拠なのだろうか。元安は、恐らく細川重臣として在京することが多かったと思われるが、もしかすると、勝元が領国の支配を安定化するために、信頼する元安を下向させたのかも知れない。
 こうして讃岐に下った奈良氏は、鵜足郡と那珂郡を支配し、応仁の乱の主戦力として戦った。元安の子元信の代には、京の近くにも所領を得て上洛し、細川家の執事として活動しつつ、宇多津にはその子元政を置いて統治にあたらせたという。だが、細川家中の家督争いの余波で永正4年(1507)に細川政元が暗殺されると、阿波細川家の家臣だった三好氏が勢力を伸ばし、讃岐にも影響力を及ぼしてきた。やがて奈良氏は三好氏の支配下に入り、香川氏との争いにも敗れ、土佐を統一した長宗我部元親が三好氏に取って代わりつつ讃岐へ迫ってくる天正年間(1573-93.1)前期までには、完全に弱小勢力へと転落してしまっている。
 天正10年(1582)に四国征伐を計画していた信長が本能寺の変で横死し、織田家中が後継者争いで忙殺されるようになると、元親は俄然ペースを上げて四国統一に乗り出し、三好氏の残存勢力がある阿波と讃岐に攻勢を掛けてきた。元政も実質的に三好家惣領となっていた十河存保の配下として防衛に努めたが、同年にその困難を悟って聖通寺城を放棄している。そして、香西氏に合流しようとするも果たせず、阿波に入って十河存保の指揮下で中富川の合戦に参陣し、討死した。
 天正13年(1585)の四国征伐後、鵜足津と表記されたこの城には仙石秀久が入ったが、九州征伐の前哨戦である同14年(1586)の戸次川の合戦で、敗戦の上逃亡するという失態を演じて領地を召し上げられ、代わって讃岐を与えられた尾藤知宣が入城する。だが、この知宣も、翌年の九州征伐における日向での戦いで秀吉の怒りを買って領地を没収されてしまい、代わって入部した生駒親正は翌天正16年(1588)から高松城を築城した為、城は廃城となった。
 城は、宇多津の聖通寺の後背にある聖通寺山にあり、聖通寺山の頂上付近は常盤公園として整備されているので、山頂まで車道が通っていて登りやすくなっている。ちなみに、道は坂出側と宇多津側にあるが、坂出側のほうが大きな道で、かつ判りやすい。山頂には結婚式場と古墳があり、瀬戸大橋の眺望は結婚式場によって遮られているが、宇多津から丸亀にかけての市街地は望むことができる。だが、肝心の城跡はというと、申し訳程度に平山城の城址碑が建っているのみで、これといったものは見当たらなかった。後で調べてみたのだが、地図ではこの常盤公園から東南方向の峰続きが山頂のようなので、その辺りにはもしかしたら何か残っているかもしれない。また、平山城の名は、生駒氏入部の際に加藤清正が平山城を引き渡したと史料にあり、これがこの城に比定されている為という。