栗隈城 所在地 香川県丸亀市
高松琴平電鉄栗隈駅南東2km
区分  
最終訪問日 2010/5/15
県道沿いにある栗隈城への案内表示 室町幕府2代将軍義詮の治世で幕府執事に就き、権勢を極めた細川清氏は、やがて政争に敗れて南朝に降り、最終的にはこの讃岐の白峰城で従兄弟の細川頼之に敗れて討死するのだが、この白峰合戦で功を挙げた三野郡詫間郷筥御崎の海崎伊豆守が長尾元高と名乗り、応安元年(1368)に西長尾城を築城し、その支城としてこの城を築いたのが栗隈城の最初という。
 詫間の海崎氏は、香西史によれば藤原純友の討伐令を受けた橘好古の流れで、詫間に勢力を扶養していたといい、長尾元高もその一派だったと思われる。白峰合戦での功で得たのは栗隈、岡田、長尾、炭所の四村で、本拠とした長尾村を名字として名乗り、各村に支城を置いて支配を強化し、戦国時代まで中讃の一勢力として続いた。この栗隈城には元高の四男田村親光が入り、後には同じく六男が継いだとされ、以降の城主の名は伝わっていないが、恐らくその子孫は長尾氏の一門家臣として続いたものと思われる。
 その後、戦国時代末期に至り、天正6年(1578)から長宗我部元親による讃岐攻略戦が始まると、当初は西長尾城主長尾高親も羽床氏らと共に抗戦したが、翌年に香川氏が降伏したことによって各地の勢力もその仲介で長宗我部氏と和議を結び、長尾氏も長宗我部家臣の国吉氏に城を明け渡した。この時、栗隈城も明け渡されて長宗我部氏の支配下に入ったと思われるが、いつ頃まで城として機能し、いつ頃に廃城になったかなどの詳細はよく分からない。長宗我部時代まで支城として機能し続けたならば、秀吉による四国征伐で長宗我部氏が敗退し、西長尾城が廃城となった天正13年(1585)に主城と同様に廃城になったはずであるが、どうだろうか。
 羽床城に向かって県道278号線を走っていた際に、偶然にも城への案内板を見付けた。城付近の集落が湯船と呼ばれているので、湯船城とも呼ばれるらしい。道沿いの案内板には城跡まで1.2kmとあり、地図を見るに、猫山から大高見峰へと連なる山々が北側へ張り出した峰筋の先端部にあるのだろう。また、地勢的に考えれば、猫山の西の城山にある西長尾城とは、大高見峰から猫山を通って間道で結ばれていたのかもしれない。丸亀市のホームページによると、峰筋にかなりの数の連続した小郭があるほか、星濡城、田村城、城ノ岡城、大流城の4つの出城が北側にあり、主に北側に対して防御を固めていた様子が窺える。
 予定には無かったので時間が足りず登れなかったが、県道沿いに案内板があることから、登山道もそこそこ整備されているのではないだろうか。遺構の保存状態も良いとのことなので、いずれは訪れたい城である。