津幡城 所在地 石川県津幡町
JR本津幡駅南200m
区分 平山城
最終訪問日 2017/5/21
津幡城に残る唯一の遺構である物見 津幡町の東部には、源平の合戦の一局面として源義仲と平惟盛が寿永2年(1183)に戦った倶利伽羅峠があるが、惟盛軍が砦を構築して布陣した場所が津幡城とされ、それが城としての最初という。ちなみに、倶利伽羅峠で大勝した義仲は上洛への道が開け、数多くの兵を失った平氏は防戦もままならず、やがて都落ちしていくのである。
 その後、在地豪族で都幡や津旗とも書かれる地頭の津幡隆家が建久元年(1190)年に本格的な城に修築して本拠としたと伝わっており、恒久的な城としての歴史はこの伝承が最初のようだ。ただ、津幡氏の支配は史料上に見られるが、城に関しての史料上の裏付けは無いらしく、詳細は不明という。
 この津幡氏は、承久3年(1221)の承久の乱に朝廷方として参陣していたことが見え、以降、史料に登場せず、この乱を境に没落してしまったようだ。加賀の諸豪族は、源平の争乱の際に義仲に属していたことから、鎌倉幕府の中では傍流で、この事が朝廷方に与した要因のひとつであったのだろう。
 次に城が歴史に登場するのは南北朝時代で、観応2年(1351)の観応の擾乱の際に、足利直義派の重鎮で越中に在った桃井直常を富樫氏春が津幡城で迎え討ち、上洛を阻止したという。ただ、直常自体は京を守っていた足利義詮を攻め、打出浜の合戦にも参陣しており、津幡城を迂回したのか突破したのか、詳細はよく分からない。
津幡城縄張図 その後、時代が下った戦国時代には、一向一揆が拠点としてしていたようで、天正4年(1576)に上杉謙信が能登の七尾城を攻撃する際にも拠点にしたという。その頃、謙信は一向一揆に対し、かつての対決姿勢から共同して織田家にあたるという方針へ転換した頃で、恐らく一向一揆の協力があって拠点にできたのではないだろうか。
 この2年後の天正6年(1578)に謙信が死没すると、御館の乱という後継者争いもあって上杉家の勢力が大きく後退し、越前から加賀を平定して北上してきた柴田勝家が一向一揆の籠る津幡城を攻略した。平定後の加賀は佐久間盛政が領したが、天正10年(1582)の本能寺の変の翌年に起こった賤ヶ岳の戦いで勝家が秀吉に敗れて滅び、盛政も没落すると、前田利家に加賀が加増され、越中の佐々成政に対する備えとして城も改修を受け、弟の秀継が城主となっている。秀継は、天正12年(1584)の末森城の合戦では津幡城に利家を迎え、共に末森城を包囲する成政軍を急襲して功を挙げており、翌年に利家が越中をも領すると越中木船城へと転じた。そして、津幡氏没落以降、境の城として機能した津幡城の存在価値は薄れ、廃城になったという。
 城の構造は、標高約15m、比高10mほどのオオニシヤマという独立丘陵に築かれ、南西の最高部に物見という一角を置き、その北東側に本丸があった。そして、丘陵上には他に4つの削平地があり、丘陵下部には北から西にかけて腰郭が巡らされ、丘陵東側には出丸のような場所もあったようだ。また、外縁としては、南に津幡川、北から西にかけてと東側に津幡川の支流があり、これらが堀の役割を担っていた。
物見から津幡城跡の全景 現在の津幡城は、丘陵全体が小学校の敷地となっており、物見以外の遺構は失われている。以前に訪れた際は、小学校で何か活動しているようだったので城址碑に近付けなかったが、現在は津幡ふるさと歴史館として物見付近が整備されており、駐車スペースも十分整えられていた。遺構が少なく、津幡城は城跡としてはさすがに物足りないが、歴史館には津幡城を始めとした県内の城に関する説明も豊富で、歴史館を含めて城好きとしては満足できる城となっている。