厳門
所在地  石川県志賀町
志賀町役場北東10.8km
最終訪問日  2018/5/28
巌門と洞窟 能登半島の東岸、リアス式海岸を代表するような岩が競り立った地形が続く能登金剛の中心的な名勝で、幅6m、高さ15m、奥行き60mの大きさがある海蝕洞門。
 能登金剛は、岩礁美を持つ朝鮮半島の金剛山にちなんで付けられた名で、巌門周辺には、兄源頼朝の追手から隠れる為に義経が身を潜めたという伝承が残る断崖や、そそり立った鷹巣岩などがあり、決して地元の瀬戸内では見られない奇岩の景色が広がっている。中でも巌門は、歌川広重が六十余州名所図会に、鷹巣岩と不動滝と共に巌門を採用しているように、その中心的な存在と言える名勝だろう。
巌門と鷹巣岩 巌門周辺は、観光地として整備されており、巌門に隣接する洞窟や不動滝を巡る散策路があるほか、遊覧船も運航されており、小一時間ゆっくり散策できる場所となっている。
 前回訪れた時は慌しかった為、久々に訪れてゆっくりと旅の記憶を更新することができ、良かった。平日にもかかわらず団体旅行のバスもおり、能登金剛の観光地として、相変わらず立ち寄る人が多い観光地なのだろう。澄んだ海の水と荒々しい洞門が印象的な場所である。