野島鍾乳洞
所在地  兵庫県北淡町
北淡町役場北東4km
最終訪問日  2003/6/7
非常に狭い鍾乳洞の入口 通常の鍾乳洞は古生代や中生代の地層にできることが多いが、この野島鍾乳洞は新生代第三紀に属するという珍しいもの。入り口はドリーネと呼ばれる漏斗状に水食された地形の底にあり、主洞は長さ120m、高さ最大5mあるらしく、地元の高校によって60mまでは調査されているらしい。
 大昔に地図を眺めていて鍾乳洞を発見し、1度探しに来たものの、その時は見つけられなかったが、ふとした拍子に案内板を見つけて訪れることができた。浄水施設のような建物のすぐ横にあったが、入口は狭く、潜って入るような感じで、それなりの装備がないと入れない雰囲気である。昔はちゃんと入口があったらしいが、震源となった阪神大震災によるものか、ただの落石によるものかは知らないが、岩によって塞がってしまったらしい。ただ、入口が塞がっていなくても、間違っても観光用の洞窟ではないことだけは確かだ。