桃岩
所在地  北海道礼文町
礼文町役場南西1.6km
最終訪問日  2003/7/22
香深側から見た桃岩 礼文島南部の名勝で、その桃に似ている岩の形から名前が付けられたのだが、甘い名前に反して実際の高さは約250mもあり、かなり巨大である。
 その生成は比較的新しい時代らしく、地下のマグマがゆっくり冷え固まりながら地表を押し上げたもので、その冷え固まる速度の違いから、表面には玉葱の皮のような薄い岩が幾重にも重なり、独特の姿形を造り出した。寒冷な気候によって、岩が薄く覆われているだけというのも、岩の形を際立たせているのだろう。
 桃岩は、勇敢なアイヌ戦士の言い伝えも残る場所で、昔から礼文島の中でも大切な場所であったらしい。今でも、名勝として訪れる観光客が多く、また、島を縦断するハイクの始点や終点としても利用されている。
展望台から猫岩方向の眺め 桃岩周辺には寒冷な気候から高山植物が多く、夏には大陸の草原のような日本らしくない独特の景色の中に、花が点在するように咲いていて綺麗であるが、近くにある展望台からの利尻山や猫岩方向の眺めも、灰色の岩肌と真緑の草色が入り混じり、負けず劣らず絶景であった。
 自分は香深側から桃岩へ登ったが、元地側からも登ることができ、しかも元地側から見たほうがくっきりと桃の形をしているのがわかるらしい。訪れた時は、フェリーの時間が迫っていたので元地側まで行けなかったが、次に来る時には、ぜひ桃の形を確認したいものである。尚、車で登る場合は、すれ違えるスペースがないので、対向車には十分注意したほうが良い。