幸福駅
所在地  北海道帯広市
帯広市役所南20km
最終訪問日  2003/7/25
幸福駅の駅舎と鐘 昭和62年2月2日に廃線となった国鉄広尾線の駅の跡で、北の愛国駅とともに有名。現在は鉄道公園として整備されている。ちなみに、幸福駅は仮乗降場として出発した駅で、昭和31年11月1日の開業。
 国鉄広尾線は、帯広と広尾を結ぶ84kmの路線だったが、計画当初は襟裳岬を回って様似までを結ぶ予定であった。昭和4年に帯広から中札内まで、昭和7年には広尾までが開通したが、広尾と様似間が開通することのないまま典型的な赤字ローカル線となり、国鉄の民営化直前に廃線となっている。
 この広尾線には、幸福・愛国のほかに大正・新生・大樹といった駅があり、一番人気のあった愛国〜幸福間の切符以外では、たいそう幸福と読める大正〜幸福間や、大きく成長する願いを込めた新生〜大樹間の切符に人気があった。
 現在は、幸福駅のプラットホームと運行していたディーゼルの車両が残されており、それを中心とした鉄道公園には芝生が敷かれ、その近くには土産物屋が数軒あるという田園の中の長閑な観光地である。今でも数多くの人が訪れているようで、駅舎には壁が見えないぐらい膨大な数のチケットや名詞などが張られているのが、とても印象的だった。