金田ノ岬
所在地  北海道礼文町
礼文町役場北12km礼文島北東端
最終訪問日  2003/7/22
目立たない岬の表示と土産物屋 スコトン岬から船泊湾を挟んで向かい側にある、礼文島の北に角のように張り出した2つの岬のうちの北東側の岬で、岬の突端は北緯45度28分、東経141度2分。名前はアイヌ語ではなく日本語から来ているらしいが、その由来はよくわからない。
 岬の灯台は礼文空港から続いている高台にある為、突端の岬の周囲にはこれといったものがなく、食堂兼土産物屋がポツンとあるのみで、うっかりしていると道なりにコーナーを曲がって通り過ぎてしまうほど。ただ、この土産物屋の裏手にはテーブルがあり、景色を見ながら食事を摂れるようになっているほか、運が良ければすぐ先の岩場でアザラシが見れるらしい。訪れた時には食堂で団体さんを受け入れる準備をしていたので、恐らくアザラシが見れるということを謳い文句にして、ここでの食事がツアーの中に組み込まれているのだろう。
 アザラシの居る風景を見ると岬という感じがちょっとはあるのだろうが、残念ながら自分が訪れた時にはアザラシはおらず、水平線が見える岩場の海岸という感じだった。普通に水平線だけを見れば綺麗と思うのだろうが、礼文島では水平線が当たり前にあるので、そのあたりも岬という感じがしない要因のひとつになっているのかもしれない。