毛利一族墓
所在地  広島県吉田町
吉田町役場北800m郡山西北側中腹
最終訪問日  1995/10/9
 毛利氏の先祖を遡っていくと、鎌倉初期の名政治家大江広元に辿り着く。この大江氏は、伝承では天穂日命を祖としているように古代からの貴族で、阿保親王の侍女が身ごもったまま大枝本主に降嫁して大江音人が生まれたという皇胤伝説をも持つ。ただ、広元自身は養子として大江家に入ったとされる人物なので、血統的に言えば毛利氏の祖は広元その人になる。
 平安末期の広元の地位は下級の貴族であったが、兄が頼朝に仕えていたことから鎌倉に下って頭角を現し、やがて鎌倉幕府の初代政所別当となる。そして、この広元の四男季光が相模国毛利荘を父から相続して地名を名乗ったのが毛利氏の最初である。
 季光は、宝治元年(1247)の宝治合戦で三浦泰村に与して敗れ、没落しているが、その子経光は辛うじて越後国佐橋荘と安芸国吉田荘の地頭職を認められ、経光の子時親が吉田荘を譲られて安芸へと下り、安芸毛利氏の祖となった。そして、建武3年(1336)に郡山城を築城したという。
 毛利一族の墓があるのは、郡山城の西北側中腹の辺りである。毛利家を戦国大名へと脱皮させた元就が死去したのは元亀2年(1571)であるが、この場所はその翌年に菩提寺として建立された洞春寺の跡という。江戸時代に毛利氏が防長に移された為、洞春寺は広島を経て山口市に移っているが、この一族の墓は元就の三百回忌前年の明治2年になって洞春寺跡に改葬、合葬されたものらしい。葬られているのは初代時親以降、元就の祖父豊元までの歴代当主と、元就の兄興元、興元の子で急死した幸松丸、元就の嫡子隆元の室で、毛利家を大きく隆盛させた元就の墓のすぐ近くに祀られている。
 元就が本拠とし続けた郡山城にはハイクコースがぐるっと一周しているが、ハイクコース近くにはこの毛利一族の墓だけでなく、元就の子隆元の墓や百万一心の碑などもあり、城跡の散策がてら史跡を巡って行くのも、どっぷりと雰囲気に浸かれてなかなか良かった。