広瀬城 所在地 岐阜県高山市
JR飛騨国府駅南東1.2km
区分 山城
最終訪問日 2017/5/20
広瀬城東側のピークの城址碑 飛騨国府の盆地南東端の城。広瀬城は、国府付近を領地にした広瀬氏の居城として築かれたという。
 広瀬氏は、藤原利仁の流れというが、史料が少なく、その実態は知れない。地生えの豪族であったのか、地頭、あるいはその下で現地を差配する代官であったのかは不明だが、南北朝時代に飛騨の有力者として広瀬常登入道の名が登場することから、鎌倉時代から南北朝時代に掛けて勢力を拡げたのだろう。
 常登入道は、応永18年(1411)に古川姉小路家の尹綱が小島姉小路家と小鷹利姉小路家を攻めた動乱の際、尹綱に味方して討たれているが、子徳静入道は討伐側の幕府軍に味方しており、滅亡は免れたようだ。その後、戦国中期に至り、当主利治が天文年間(1532-55)に新城を築いて本拠を移したとされ、それが広瀬城のことという。利治は、後に高堂城を築いて移り、広瀬城は支城となったようだが、高堂城は奥まった場所にある為、普段は広瀬城に在ったという説もあり、実際の運用がどうだったのかは不明である。
 利治の子宗域(宗城)の時代になると、飛騨では三木氏の勢力が抜きん出るようになり、小島姉小路家の協力を得た三木良頼は、他の姉小路家を没落させて、その名跡を継ぐ事に成功した。この頃、宗域は良頼やその子頼綱(自綱)と協力関係にあり、永禄元年(1558)には高山盆地へも援兵として出陣しているが、三木氏こと姉小路氏の下風に立っていたことは否めない。だが、その関係はあくまで中世的な盟主的存在に過ぎず、外交関係は状況によって流動的に動いた。実際、永禄7年(1564)に武田家臣山県昌景が飛騨に侵攻した際には、宗域は姉小路氏より早く武田家に臣従しており、天正4年(1576)に上杉軍が飛騨に侵攻した際には、上杉軍に味方して姉小路氏を攻撃している。
広瀬城縄張図 天正10年(1582)の本能寺の変で信長が横死した後、同年10月に織田家を後ろ盾としていた姉小路氏に対して高原の江馬輝盛が戦いを仕掛けたが、宗域はこの時、頼綱に味方して連合を組み、連合軍は八日町の合戦で輝盛を討って江馬氏を滅亡に追い込んだ。しかし、頼綱は手段を選ばない人物で、翌年には宗域を松倉城に招いて謀殺している。八日町の合戦での功もあり、宗域は油断してしまったのかもしれない。こうして広瀬氏は没落し、宗域の家臣田中与左衛門が守っていたという広瀬城は、高堂城と共に頼綱の領有となり、その隠居城となった。
 信長の横死後、織田家中の後継者争いの際、頼綱は柴田勝家と誼を通じつつ、その間に前述の宗域謀殺等を含め、着々と地歩を固めて念願の飛騨統一に邁進している。しかし、勝家滅亡後もその与力であった佐々成政と協力していた為、天正13年(1585)に秀吉の命を受けた金森長近の侵攻を受け、高堂城と広瀬城に籠もるも、敵わずに降伏した。こうして、頼綱の飛騨支配は僅か数年で瓦解してしまうのである。
 戦後、長近の道案内を務めた宗域の子宗直は、旧領回復を望んだが論功行賞で報われず、城も廃城となった。その後、宗直は長近に対し、同年の内に他の没落国人と共に一揆を起こしたが、討伐され、飛騨から追われたという。
 城は、宮川に合流する瓜巣川が南から東を洗う、ほぼ独立丘陵に築かれており、北側は宮川が防御線となっている。城の構造としては、丘陵上の東西に並ぶ3つのピークをそれぞれ削平して郭としており、東側と中央のピークは一体的に使われていたようだ。また、そこから伸びる稜線にもしっかり段郭が築かれている。これに対し、最も西のピークはやや独立的で、東西は堀切によって分断されており、附帯する畝状竪堀の密度も非常に高い。これだけ部分的な構造の性格に違いがあるということは、東西どちらかが広瀬氏時代に構えられた部分で、その反対側が姉小路時代に改修によって手を加えられた部分ではないだろうか。
壮観な畝状竪堀 国府町名張の文化財保護センターにバイクを止めて登ったが、城の手前の未舗装道も広く、車ならそこまで上っていけるだろう。登山道に動物避けの扉があり、何故か開け閉めできなくなっているが、内側に木材が置かれているので、乗り越えられるようになっている。登山道左手は、東のピークから延びる尾根筋で、段郭があるようにすでに城域であり、大きい段郭には社が祀られていた。田中筑前守の墓にお参りしてから更に登って行くと、帯郭を持つ東のピークと中央のピークの間に到達するが、どちらにも城址碑があり、構造的にも高さ的にもどちらが本丸か判別が難しい。その西の続きには、竪堀として落ち込む大きな堀切を挟み、やや低い郭が段を持って続いており、これが西のピークで、こちらも帯郭を持っている。この西側部分がこの城最大の見所で、この郭から畝状の竪堀が幾つも斜面に穿たれており、部分的に横堀も相まって山中城の障子堀の凹凸反対の状態を成し、なかなか壮観だった。
 国道41号線名張交差点から南に折れ、県道471号線を少し東に行けば案内が出ており、城への道に迷うことはないだろう。松倉城や高山城に継ぐ規模を持つ飛騨屈指の山城で、登り易くもあり、城好きの人は、高山に寄ったら間違いなく寄っておいて損はない城である。