下高橋城 所在地 福岡県大刀洗町
大分道筑後小郡I.C.南3km
区分 平城
最終訪問日 2014/10/19
下高橋城説明板 大蔵氏系高橋氏の居城。岩屋城で玉砕したことで有名な高橋紹運は、この城を本拠とした高橋氏の名跡を継いだことからの姓である。
 九州北部で繁栄した大蔵氏は、東漢氏や秦氏といった渡来人の系統の内、朝廷の大蔵関係に就いたことから大蔵を称したのが始まりという。つまり、ひとりの祖から枝分かれしたという氏族ではなく、物部氏や日下部氏などと同じ職掌姓の氏族である。九州での足掛かりは、天慶2年(939)から同4年(941)にかけての藤原純友の乱で、この追捕使の一員として派遣された大蔵春実が、その功によって対馬守と大宰大監となり、主に北九州に勢力を扶養していった。そして、その子孫が土着したのが九州の大蔵系諸氏で、戦国大名としても有名な原田氏や秋月氏であり、この高橋氏もその一派である。しかしながら、高橋氏の祖には諸説があり、源平の合戦の頃の大蔵一党の惣領原田種直の弟種安とする説や、種直の子頼種とする説、南北朝時代の光種を祖とする説などがあり、定説を見ない。また、当初の居城はこの城ではなく、すぐ東の上高橋にあった上高橋城であった。
 史料に高橋氏の名が出てくるのは、前述の光種の頃からで、中央で敗れた尊氏が九州に下って勢力を回復し、再び上洛する際に、一色範氏や仁木義長ら足利一門衆と共に九州検断職に任じられている。一色氏や仁木氏が後に複数国の守護として繁栄した事を考えると、高橋氏がどれほど尊氏から信頼されていたかというのがよく解るだろう。だが、九州では菊池氏の活躍もあって南朝勢力が強く、また、大友氏や少弐氏ら有力豪族の動きも複雑で、高橋氏は仁木氏や一色氏のように栄達はしなかった。
城跡に建つ竃門神社全景 その後の高橋氏については、南北朝時代末期に九州探題として活躍した今川了俊が失脚した後、北九州の北朝方の中心となった大友親世に属したことが知られているが、戦国時代の当主長種の頃までの事跡はあまり詳らかではない。その長種も、嗣子無く没した為に大友一族の一萬田氏から養子として鑑種を迎えた事が、知られている事のほとんどである。
 鑑種が高橋の名跡を継いだ時期は、天文年間(1532-55)末期とも永禄2年(1559)ともいわれるが、以降の高橋氏の事跡は明確となっており、大友一門である同紋衆になったことで地位の向上があったようだ。鑑種の事跡を見ると、家督継承後は大友氏の忠実な家臣としての活動が見えるが、後に宗麟の横暴への憤慨からか、永禄12年(1569)に毛利氏に通じて叛乱を起こしており、毛利氏の九州撤収により降伏し、追放されている。これに伴い、高橋家の家督は宗麟の命で吉弘鎮理が継ぐ事になり、前述の岩屋城の玉砕で知られる名将高橋紹運が誕生するのだが、嫡子宗茂が立花道雪の婿養子となって立花を名乗り、高橋の姓を継いだ次男統増も後にこれに倣った為、この吉弘系高橋氏は江戸時代には消滅した。一方、追放された鑑種も高橋を称し続けたが、こちらはそもそもの高橋氏と同族である秋月氏から養子を迎えて大蔵系高橋氏に戻った上で、江戸時代には延岡藩主として続いている。
 高橋氏の拠点は、前述のように上高橋城からこの下高橋城、そして宝満山城へと移った為、その移転に伴って下高橋城は恐らく廃城となったのだが、築城時期に関しては不明で、一説には南北朝町時代に築かれたともいう。ただ、現地説明板では、鑑種入嗣後に築かれたような説明となっていた。また、宝満山城へ拠点を移したのは、一般には鑑種の時代といわれ、天文年間、あるいは現地説明板のように弘治年間(1555-58)とされるが、鑑種自身の入嗣年代を前述のように永禄2年とする説から見れば矛盾があり、築廃城と入嗣の年代は大まかにしか判っていないのが実情のようだ。また、これとは別に、移転は将軍義教の頃の当主教種の頃だったという説もあり、鑑種の養父長種が宝満屋形と呼ばれていたともいう。
神社を廻る溝は堀の跡か 城は、平地にある平城で、中世豪族の居館を発展させた形だったようだ。郭としては本丸と二ノ丸が存在し、本丸は縦53間、横25間の長方形で、二ノ丸は縦43間、横20間の大きさがあり、それぞれの東西と二ノ丸の南に堀を備えていたという。ただ、現地の説明板でも、推測調でしか書かれておらず、明確な縄張などは不明かと思われる。
 現在の城跡は、神社の境内地となっていて、これといった遺構の類は見られないが、大きさから考えると、神社境内が本丸跡をそのまま流用したものではないだろうか。周囲をささやかながら堀が廻っており、かつての城堀の名残なのだろう。ただ、堀の無い神社西側に関しては、付近の集落内の道が軽自動車を通すのに精一杯というほど非常に細いのに対して、この部分の道路が特にどこかへ通じているわけでもないのに不自然な広さを持っており、もしかしたら3間半あった堀をそのまま埋め立てたものかもしれない。
 大分道の筑後小郡I.C.を下りてそのまま県道53号線で南へ進み、下高橋交差点の右手手前に見える神社が、城跡を境内地とする竃門神社である。集落と田園の中に立つ神社は目立たず、城跡と言われなれば分からないほどだが、その分、ゆっくりと落ち着いて散策できるだろう。ただ、神社の周囲は道が非常に狭く、車の場合は駐車スペースに注意が必要である。