丸岡町歴史民俗資料館
所在地  福井県坂井市
北陸道丸岡I.C.北西1.3km丸岡城すぐ下
最終訪問日  1995/8/21
丸岡町歴史民俗資料館の外観 丸岡城に付随する歴史民俗資料館。
 開館は、丸岡城築城400年にあたる昭和53年で、現在は市町村合併で丸岡町が坂井市となっており、それに伴って名前も、坂井市丸岡歴史民俗資料館へと変更されている。
 旧丸岡城の敷地内という立地のせいもあるのか、丸岡城と丸岡藩の歴史資料に関する展示が主で、本多氏や有馬氏に関係する武具や調度品、古文書といったものが多く展示されており、民俗資料はあまりなかった。
 丸岡城天守閣と本丸跡を中心に公園化した霞ヶ城公園にあり、天守閣のすぐ下に建っている建物がこの資料館である。建物自体は大きくなく、従って館内の展示内容も多くは無いが、城跡の景観を損なわないような外観にしてあり、まるでこじんまりした蔵のようだった。初期型の特徴的な丸岡城の天守閣と似て、なんともいえない趣を持っている資料館である。