生子山城 所在地 愛媛県新居浜市
松山道新居浜I.C.南西1.2km
区分 山城
最終訪問日 2008/10/23
煙突山から生子山城方向の眺め 生子山城は、南北朝時代の細川氏侵攻時に南朝方の越智俊村が設けた砦に始まるという。ただ、細川氏の伊予侵攻は幾度かあり、具体的にいつ頃の築城かはよく分からない。また、一説には一条通村による築城という説もあり、後述の松木景村による築城説もある。
 生子山城に籠ったという越智氏は、大和の越智氏ではなく、古代に伊予で勢力のあった越智氏の末裔だろう。史料には、文安年間(1444-49)に生子山城主松木景村が瑞應寺を建立したとあるが、この松木氏は越智松木氏と呼ばれることもあり、この頃までに越智から松木へと名字を変えていたようだ。その一方で、松木氏は前述の一条通村の子孫とする説もあり、ややこしい。だが、いずれにしても通字を村として考えれば、俊村や通村は、景村や戦国末期の当主安村の祖という推測が成り立つ諱ではあり、越智氏と一条氏は同族ということも考えられるが、実際のところは、松木と名乗る以前のことは憶測ができるのみではっきりしないというのが実情なのだろう。
 室町時代の宇摩郡と新居郡は、南北朝時代の河野氏と細川氏の和睦によって当初は河野予州家が、後に細川氏が支配しており、松木氏も河野氏や細川氏に従っていたと思われる。その後、備中石川氏の庶族が高峠城に入り、細川氏の衰退と共に守護代として勢力を培うようになると、他の新居郡の諸将と共に次第に石川氏を支えるようになったと思われ、更に石川氏の家臣であった金子氏が実質的な権力を握ると、これを盟主とするようになったらしい。
 金子氏が隆盛となった頃の松木氏の当主としては、安俊やその子安村の名が確認でき、安村は天正13年(1585)の秀吉による四国征伐の戦いのひとつ、天正の陣で討死している。この戦いは、小早川隆景率いる約3万の軍勢が新居郡に上陸し、金子元宅が実質的に新居や宇摩の諸将を率いて籠った高尾城に押し寄せ、野々市原で決戦を行い、伊予勢が壊滅したという戦いであった。つまり安村は、松木軍の主力を率いて生子山を出、元宅に従って高尾城に籠り、そして討死したのである。従って、生子山城は当然ながら留守の兵しか居なかったということになり、そのような状態で城が上方軍の攻撃を支えられるはずもなく、野々市原の決戦の数日後に押し寄せた小早川勢に、成す術無く生子山城は落城したとも、留守兵が退散して開城したともいう。そして、主の居なくなった城は廃城となった。この時の話として、馬を米で洗う白米伝説が伝わっており、全国各地に伝わる落城譚と同じような形の民話として残っている。
 地図には、精錬所の煙突がある山に生子山城の印が打ってあり、生子橋の説明板にも煙突山が生子山との記述があったが、別子銅山記念館の方によると、生子山城はもう少し奥の山にあるらしい。新居浜の史跡などを解説した本を見せてもらったが、城は別子銅山記念館後背の一連の山塊の最高部、標高約300m地点にあり、三角形の頂上部の削平地を本丸に、その1つの頂点から峰に沿って細長い形の二ノ丸、そしてその先に同じく細長い三ノ丸があるという構造のようだ。形からすると、長野の真田氏本城を連想させるような形である。ただ、城跡へ行く道が無いようで、足谷川沿いの県道47号線から山へ入るような道が全く見当たらず、記念館の方も西谷川沿いの登山道を登った事があるが城跡へ行くような獣道は覚えがないということだった。