大草城 所在地 愛知県知多市
名鉄大野町駅北東600m
区分 平山城
最終訪問日 2015/5/24
模擬天守前にある案内図と縄張 知多半島の矢田川流域の大野谷は、古くから半島の中でも重要視された場所で、水運の拠点である大野湊があった。この為、明徳年間(1390-94)頃に知多郡の分郡守護を獲得した一色氏は、湊を押さえることが可能な山を選び、支配拠点として大野城を築いたという。しかし、一色氏は応仁の乱が終結する頃に知多郡の分郡守護の立場を失った為、その家臣として入部していた佐治氏の自立を促し、戦国時代には佐治水軍を率いる豪族として大野城を拠点に勢力を蓄えるようになる。こうして、規模は小さいながら一角の勢力を持った佐治氏は、勢力範囲の特異性もあって周囲の豪族も一目置く存在となり、守護代織田家の中から弾正忠織田家が勃興してくると、これと結んだ。この時、当主信方は信長の妹お犬の方を室に迎えているが、この厚遇は、津島や熱田といった伊勢湾最奥部やそれと接続する川湊を支配下に置く織田氏にとって、出口たる伊勢湾の水軍を持つ佐治氏の存在が非常に大事であったことを物語っている。
形を良く残している本丸の土塁 このように大野湊は織田氏の姻族となった佐治氏の支配下にあったが、やがて信長の弟で有楽斎の名で知られる長益が大野を領し、水利の悪さを嫌った長益によって大野城から矢田川を挟んだ反対の北側にこの大草城が築かれ、拠点が移された。ただ、長益の大野拝領については、元亀2年(1571)か天正2年(1574)に信方が伊勢長島攻めで討死した後という説や、同10年(1582)の本能寺の変後に甥信雄が尾張を相続した際にその家臣として拝領したという説、同12年(1584)の小牧長久手の合戦後に佐治一成が秀吉の怒りを買って大野を追われた後という説など諸説があり、これに伴って大草城の具体的な築城時期も定まっていない。
 現地案内板によると、本能寺の変以前から大野を拝領していた長益が築城工事を続けたが、本能寺の変などがあって工事はなかなか進まず、天正18年(1590)に信雄が改易された際に秀吉の御伽衆として摂津に2千石を与えられ、大草城は未完のまま廃城になったという。その後、家康九男の尾張藩主徳川義直に小姓として起用された山澄英龍が、義直の子光友の時の寛文6年(1666)に家老として城のすぐ西南に屋敷を構えた。以降、尾張藩は、大草城跡を知多郡の防衛上の要地として山澄家歴代当主に保存させた為、現在のように遺構がよく残ったという。
今も現在名二ノ丸の水堀 城は、矢田川北岸の微高地の丘陵に築かれ、西は伊勢湾が守り、南は矢田川、東は神田川という天然の堀が防御線として使える城だった。縄張としては、一番南側に方形の本丸、同じ高さで北西側に同じく方形の二ノ丸を置き、その北に三ノ丸があるというシンプルな連郭式の城で、恐らく完成後には、本丸から三ノ丸で丘陵全体を覆う形になったのだろう。そして、往時から存在した丘陵上の地蔵院や津島神社も防衛施設として計算されていたと思われ、後背地となる周辺の平野も広く、城下や惣構などの拡張にも対応できる城である。
 現在の城は、大草公園となっている為、本丸に模擬天守やグラウンドが整備されてはいるが、本丸と二ノ丸の間の堀がほとんど埋まっている以外は、水堀で区画された本丸と二ノ丸に関しては、ほぼ完全な形で残っていると言っていいだろう。本丸の高さのある土塁、くっきりと形を残す水堀、その外側の三ノ丸へと続く土塁、櫓跡と思われる二ノ丸土塁の方形の隅部など、見所はかなり多く、木々の中をゆっくりと散策するととても心地良かった。また、公園内には遊歩道が整備されており、遊歩道を一巡すると主要な遺構を見学できるようになっているのも親切なところだ。大草城は幻の城とも言われるが、言葉とは反対に古城としての存在感は抜群で、戦国時代末期の城を味わいたいなら、是非お勧めの城である。